実践者と協会の交流

1 / 2612345...最後 »

2017.12.25 慢性腎炎患者さんよりFAX

あと数日で今年の大晦日です。
本当に速いです。
通電の様子と○○医大、○○循環器の採血の結果を報告します。
出合(地域の水田の地主とその水田を耕作している人たちとの
共同農作業=猪の金網掛け作業=が早朝8時からありました。
30名ほどの中で私と同年のが1名が参加しました。
この年になるまで参加出来ることに働ける感謝の気持を持ちながら
作業の邪魔にならないよう最後の6名になるまで続けることが出来ました。
この朝は「ふくらはぎ」は朝時間がなく実施出来なかったが、
でも1日楽しく過ごすことが出来ました。
勿論作業動作はクレアチニンの数値の上昇のことばかり、
少し年下の人たちに「あまえ」て作業したことは言うまでもありません。
2名の老人午後1時30ごろ家路へと足を運びました。
※通電を実施しているためだと「寒いのに元気いいなあ。」と言われます。
それは坂本さんから常々事あるごとに諸々のご教示ご指導の賜物と思っています。
ほんとうに力になっています。この1年間ありがとうございました。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

2017.12.25 慢性腎炎患者さんよりお手紙

前略 大変お世話になっております。
今回の検査結果が出ましたので送らせていただきます。
今回もクレアチニン値が改善して大変うれしく感激しております。
静岡にお伺いして診察していただいて、通電を本格的に開始してから2年が過ぎました。
真面目に毎日やってきたのがよかったと思います。
尿検査の方が少し悪化していたのは、17日から一泊で田舎へ行って減塩食がなかったのが影響して
いるんではないかと思います。
またしっかり減塩食で頑張ります。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      草々

2017.12.19 腎臓病患者さんよりFAX

前略
12月18日検査に行って来ました。
体調は良いのですがBNPの数値が高いので気にしてます。
腎臓と心臓弁が悪いのでその影響と思ってます。
現在やっている食事療法とトレーニング ○大の先生方の治療を信じてあせらず根気よく病気とつき
あい、現在の状態より少しでも良くなるように妻の助けを借りながら頑張って行こうと思ってます。
トレーニング協会の皆様には本年4月からお世話になりいつも適切なアドバイス等を頂いて
おりますが、いつも心から感謝しております。
来年も御指導の程、よろしくお願いします。
                                      敬具

2017.12.10 慢性腎盂炎患者さんよりメール

社団法人 内臓トレーニング協会  様

11月分の体験日誌を送ります。
一日一日が過ぎてゆく時間が、とても速く感じる今日この頃です。
一枚一枚めくってきた、カレンダーも最後の一枚(12月)になりました。
スタッフの皆様お元気ですか、風邪など引かれませんようにしてください。
クレアチニンの数値が安定して基準値内に納まってくれるようになれば、
腎臓病が治ったと言えるのでしょうが、私の場合は昔から良くなったり、
悪くなったりの繰り返しで、数値が安定してくれません。
とにかくトレーニングを頑張りたいのですが、最近特に雑用ばかり忙しくて、
毎日バタバタして、トレーニングが余り出来ていません。
塩分も近ごろは結構摂っていますが、余り足のむくみを感じなくなりました。
血のめぐりが少しは良くなってきているように感じます、以前は冬の寒い日は
手、足の先が冷たくて、体も寒さを感じていましたが、最近は体の方もそんなに
寒さを感じなくなり、手足の先も結構温かみを感じます。
今年最後の送信になるかも知れません。
本年もいろいろとお世話になりました有難うございました。
皆様良いお年をお迎えください。

2017.12.8 慢性糸球体腎炎患者さんよりお手紙

j_20171208_letter_12481_02

内臓トレーニング様
前略 六月に機械を購入してお世話になって早くも六ヵ月を過ぎました。
昭和57年慢性糸球体腎炎と診断されて35年経過していますが、本当に病気を持っているのだろうか
と思われる位元気に過ごして来ましたが、二年程前から血圧が高くなり夏を迎えても低くならず
頭が痛くなったり、胸がドキドキしたりと少々心配になって来たところ主治医の先生に教育入院を
すすめられ、透析の恐ろしさを知り急遽機械購入に至りました。
長い間腎炎を持っていましたのでそう簡単にはクレアチニンも下がらないだろうと思っていましたが
5ヶ月目の検査結果で少々良くなっていて感激しました。
毎日の生活も余り疲れを感じず一通り家事もできています。
11月の福岡での腎臓病セミナーにも参加させていただき、もっと早く購入の決断をすれば良かった
と思いました。
食事療法を取り入れ機械の助けをかりなるべく腎機能を維持させる事ができればと思っています。
今までの経過を送付致します。
ご指導宜しくお願い申し上げます。
                                        かしこ

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

2017.12.4 慢性腎不全患者さんよりお手紙

私は12月14日で内臓トレーニングを始めて以来3年が過ぎました。
色々ありましたがお蔭様で病状は進行せずに改善維持されていることを
お世話になった方々へ感謝しています。
主治医から腎性貧血はなく安定していますとコメントがありました。
細かい点を気にしすぎるのは私の悪い癖とわかっているのですが、後の数値は
クレアチニン値1.32尿素窒素9.0と9月の水準でした。
今回も内臓トレーニング体験日誌は作りませんでしたがトレーニングはほぼ毎日
励行しています。
本格的な寒さが来ますお互いに身体に気を付けて頑張りましょう。
良いお年をお迎えください。

2017.11.20 慢性腎炎患者さんよりFAX

寒くなってきました。
今日朝、土間の気温を測ったら8.2℃ありました。
完全防寒武装して、家の前の菜園に小松菜の芽が出ているか見に行きました。
5分ほど歩くと暖かくなり畑で近所の人と立ち話しを15分ほどで家に帰り、
部屋を暖房し通電を始めました。
体調良好です。
基本的な生活習慣には大きな変動はなく食事睡眠、畑の作業も前月と同じようでした。
クレアチニン数値が0.1ほど上がっていました。
原因を考えているところです。
加齢かな、食事かな、などなど
毎月のご助言は大きな力添えになっています。
通電は私にとって「大切な至上命令」のようなもので、
腎臓、健康管理のために自分に与えられた使命だと思いなおしているところです。
寒い時だけにそのことを強く感じています。
クレアチニンの数値を上げないために頑張ります。

2017.10.17 慢性腎臓病患者さんより メール

今回は嬉しい報告です。
クレアチニン値が下がりました。
8月下旬に他の機関で採血検査をうけ、その結果クレアチニンが1.83だったのですが測定誤差等何かの誤りではないかと思い、今回の検査をまっていました。
結果は1.8と下がっていたので確信しました。
変わった事といえば、8月初めから、早朝ウオーキングを初めて約1時間、7~8千歩約5~6キロメートルを歩いています。
ここ数日はあいにく雨のため出来ておりませんが、これからは涼しくなり昼間でも出来るので続けたいと思います。
添付ファイルをみて宜しくご指導お願いします。

2017.10.11 腎臓病患者さんより メール

いつも、いつもありがとうございます😊
暑い夏が終わり、やっと秋になったと思ったら、また、夏日の岡山です。
1日が早く、気がつけば検診から1ヶ月がたちました。
やっとメールができました。
今回はとっても嬉しい結果で、ますます、希望が持てました。
クレアチン、7.0台に向けてより一層頑張ります💪
前回からの変化は、1日5時間出来る日が多くなり、平均4時間は治療している点です。
時間を作るのは大変ですが、頑張っております。
ただ、元々、胃弱で、油の多い食事を食べると胃にこたえるのですが、カロリーアップで頑張って食べていたら、胃がわるくなり、少し痩せました。
今はやっと回復傾向で食事も消化の良い物を美味しく食べれるようになりました。
消化よく、カロリーアップの食事を教えて頂けると嬉しいです。
また、検診結果でのご指導お願いします。
本当に、内臓トレーニングさんとの出会いは、私に希望と努力を与えて下さいました。
今後ともよろしくお願い致します。
ちなみに、娘も、電気治療と食事で、今年の健康診断は⭕でした。
やはり、続けることが大事ですね。
我が家の4台の治療機は日々、頑張ってくれてます^_^
ありがとうございます😊

2017.8.8 慢性腎臓病患者さんより FAX

内臓トレーニングを始めて、この八月でちょうどまる3年になりました。
初めは高かったクレアチニン値も、トレーニングの継続とともに徐々に下がって行き、最近はここ数カ月、「1.10台」という低い数値を横這い状態で続けています。
多分この先、これ以上低い数値は望めそうもないので、それよりむしろ、今のこの好ましい状態をいつまでもキープしていけるように気遣っていきたいと思います。
やはり「継続は力なり」で、これまで雨の日も風の日もトレーニングを続けてきて本当によかったと思います。
それと、良きアドバイスなどでご指導して下さったことも大きな励みとなりました。
尿酸や尿素窒素の数値も、基準値内におさまっているので、これで腎臓に関しては安心と言いたいところなのですが、実際にはそうはいきませんでした。
内科の担当医師からは「慢性腎不全」という病名をもらっているのです。
これはやはり健常者に比べて、クレアチニン値が少しでも高いということのせいなのでしょうか。
食生活において、タンパク質や塩分を控えめにと心がけているのですが、正直なところなかなか思い通りにはいっていません。
でもこの3年間で、いつのまにか味噌汁やラーメンのおつゆをいっさい飲まなくなったという習慣ができてしまったのは、自分ながら不思議な気持ちです。
これからも気をつけなくてはならないことがいろいろあると思います。
とにかくトレーニングは日々欠かさずに続けて行くつもりですので、これまで通り暖かいご指導をよろしくお願い致します。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
1 / 2612345...最後 »
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?