セミナー参加者の声

2024年5月16日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声



————————————————

◆お名前 : 水田 様

————————————————

腎臓機能が少しでも健康な状態を維持できる方法を探していました。
食事療法など具体的に勉強したくてセミナーに申込みました。

セミナーを視聴して、腎臓機能低下していることがわかり不安感が高まってきました。
成果がでているのに、病院で取り組みが無いのが不思議です。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 田中 様

————————————————

当方、今年83歳です。医師から「塩分」の接種は控えるようにと前々から聞かされていました。
今までクレアチニン指数は高くっても、「1.20」で用心をしていました。
処が。今年の1月23日の血液検査でクレアチニン指数「1.54」となり吃驚。
更に、4月23日の検査では、「1.65」と上がり、吃驚したのです。

人生は老後にありと思っていたのに、お話を聞き「ショック」でした。

フットスキッパーは、どれ程の電気が出るのか、強ければ、感電しないのか・・・少し心配である。

————————————————–

 
 
 

2024年4月11日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声





————————————————

◆お名前 : 石井 様

————————————————

クレアチニンが基準値を超えており、かかりつけ医からこのまま数値が悪化していくと将来的に人工透析が必要になることもあるかもしれないと言われたことと腎臓病を治す薬がないと言う事も分かり、腎臓透析だけはしたくないとの思いで参加しました。

腎臓病以外でも臓器の悪化を防ぐ、あるいは活性化させて健康に生きるためには血流が大切だと理解できました。
また、自己免疫の重要性も理解できました。

自分のeGFRをみて、非常にヤバいと感じました。
あまり深く考えていなかったのでショックでした。

内臓トレーニングの改善例をみて、非常に希望を持てる結果でしたし、数値が悪化しすぎる前にトレーニングを開始することの必要性を感じました。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 内野 様

————————————————

eGFRが下がって来た為、現状回復したいと思い参加しました。

医師からはそんなに心配する程ではないと言われ、所詮医者は他人事だとつくづく思いました。

内臓トレーニングの改善例をみて、勇気と希望を貰えました。
一刻も早くトレーニングに取り組んで行きたいと思います。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 久玉 様

————————————————

今回、腎臓病セミナーに参加しようと思った理由は、順調に悪化し続けるクレアチニン値を止める、改善できる可能性を感じたからです。
目的は、私の命が尽きるまで、透析を回避することです。

「投薬と食事療法」で改善すると思っていたが(他力)、「血流改善と食事療法」で改善する可能性があることを知り、毎日自己管理を怠らないようにしようとの考えになった(自力)。

自分のeGFRをみて、恐怖でしかない。
今の50%の段階から打てる手は打たないと取り返しがつかなくなると感じた。

内臓トレーニングの改善例をみて、自分も同じように改善して欲しいと心から感じた。
同じ内臓トレーニングをしなければならないと感じた。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 塩崎 様

————————————————

参加した目的は、最近クレアチニンの数値が気になったから調べてみようと思ったから。

内臓トレーニングの改善例を見て、内臓トレーニングをやるきっかけになりそう。

————————————————–

 
 
 

2024年3月14日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声






————————————————

◆お名前 : 関野 様

————————————————

去年からの血液検査でクレアチニンの数値が初めて基準値を超え、eGFRも50以下となっており、すでに慢性腎臓病になっていることに気が付きショックで将来透析をするようになってしまうのではないかと不安でいっぱいだったので、今回のセミナーを受講してみようと思いました。

今までは医者から血液検査の報告を受けるだけで、腎臓を治すことはできないと不安に思っていたが、セミナーを受講して改善できることがわかってうれしかった。

慢性腎臓病ではあるが早い段階からトレーニングしていけば透析に至らず人生をおくれることを知り自分も努力していこうと思う。
自分も絶対改善したいので、頑張りたいと思う。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 桧山 様

————————————————

eGFRもぎりぎりまで下がった。
薬は飲んでいないが、このセミナーを知り受けることにした。
腎臓の萎縮が思った以上に深刻でショックだった。
内臓トレーニングの改善例を見て、こんなに効果があるのかと驚いた。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 石堂 様

————————————————

CKDと診断されてます。
3か月ごとに血液検査、診察を受け経過観察中です。
又1か月毎に採尿検査し診察うけてます。
eGFRの数値の変動が気になったから参加した。
8年で4ポイント低下しました。
改善できた方は幸運だと思います。
果たして自分には有効なのだろうか?

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 寺川 様

————————————————

4年前慢性腎臓病と診断されeGFRじわじわと悪くなり、何とかしなければと思って参加した。
オンラインセミナーを見て、腎臓病についての考え方は、特に、変わっていないが、何とかなるかもしれないのなら、やってみるに越したことはないと思う。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 福井 様

————————————————

最近クレアチニンの数値が高くなってきたので参加した。
オンラインセミナーを見て、あまり変わりないが腎臓病の意識が向上した。
内臓トレーニングの改善した例を見て、内臓トレーニングの効果もあるとは思うがそれだけとは信じられない。

————————————————–

 
 
 

2024年3月9日 新宿セミナー 参加者の声 







◆お名前 : 匿名希望

冬の寒さで、足がしもやけになったことから、自分の体の血液の循環が悪いことが分かった。
体の血液の循環を良くするために腎臓病セミナーで治したいと考えて、参加しました。

腎臓だけのことを考えていてはダメだと理解できた。
内蔵トレーニングの効果が分かったので、早速内臓トレーニングをはじめたい。
  

◆お名前 : 匿名希望

たまたま通りかかって、興味があり、参加した。

運動しているので、血流が悪いとは思っていないけれど、腎臓病を治せない理由について、病院の対応に不満があったので、納得できた。

自分もフットスキッパーⅡを試してみようと思った。
  

◆お名前 : 匿名希望

糖尿病性腎症を患ってしまいました。
主治医には治る事は無い、透析には確実になる、その時がきてからでは色々困るから身辺整理をしておいて、透析か?移植か?も、方向性を
決める為の猶予期間だと言われ、月一回の検査通院は、気の重いカウントダウンでした。
まだ働き盛り世代の為、透析になり、無職になる事は、一家の大黒柱である私には到底受け入れられない事態でした。
病院、インターネットでの病気の確認、どれで調べても治る事は無い、透析だ!と認識させられました。
そんな途方にくれていた時に妹が、コチラのホームページを見つけてアポイントをとらせていただいた次第です。

治す方法は無いが、日々、内臓トレーニングと食事療法を併用する事によって、病気とうまく付き合っていき、透析を回避して人生を全う出来る可能性が生まれる事がわかりました。
  

◆お名前 : 小島 様

クレアチニンが上昇してきたので、参加した。

食事療法だけではダメな理由がよく分かった。
腎機能低下は血液が届かないことで細胞が死んでいることがよくわかった。
  

◆お名前 : 松村 様

毎月の定期検診で、腎臓がよく無いとの指摘を受けました。
BUN・CRE・UA等々高い結果でした。
同級生《80歳》が、透析を受けていますので、透析を避ける迄に自分で努力するつもりで参加させて頂きました。

心房細動で長年かかっていますので、腎臓病も加わる事の重大さを重く受け止めております。
現段階で、自分も実行に移す方向で、改善に向けて頑張る所存です。
  

◆お名前 : 鈴木 様

高尿酸欠症に加えて高血圧で薬を服用するようになったため、参加した。
薬の量が増えている理由が分かり、血流が悪くなっていることを自覚できた。

セミナーを聞いて、腎臓病についての理解が深まった。
一生保つのであれば安いかも知れませんが、機器の高さが気になり購入を即決できませんでした。
そこからヒントを得て、ふくらはぎのマッサージや肩甲骨回しなど、ストレッチを日々の日課としてリンパ解しに着手しました。
効果が無かったり続かなかった時に次の選択肢として機器の購入を検討したいと思います。
  

2024年2月29日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声



————————————————

◆お名前 : 伊藤 様

————————————————

CRE値が高くなっているので、いい対処法が見つかれば良いかなと、今回初めて受講しました。
いい参考になったかと思います。
またあれば受講したいと思います。

CRE値を下げるのは、なかなか難しいと感じた。
食事管理、運動、日常生活の規律の重要性を感じた。

自分の数値は透析予備軍だと認識し、改善例をみて、努力に感心した。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 岡崎 様

————————————————

ここ数年、クレアチニン値がじわじわと上昇してきたので、どうすれば最善かを考えてセミナーに参加しました。

析治療は回避したいので、内臓トレーニングを行うべきと感じた。
私は腎臓の数値に多少の余裕がある様に思うが、気を付けないといけないと思った。
改善に成功されたのは内臓トレーニングに努力された結果ですね。

————————————————–

 
 
 

2024年2月15日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声




————————————————

◆お名前 : 中島 様

————————————————

何年も前にお世話になり、様々なコトを試してきましたが、最近になり、eGFR値が、17%になり再度お話を聞いてみたいと思い、参加しました。

セミナー前後で、腎臓病についての考え方が変わりました。
知ってはいましたが、内臓トレーニングを3時間以上やろうと思います!
また、やり続けなければと思いました。食事療法としては、低タンパク米を食べてみます。

東洋医学も取り入れた診療しているクリニックの院長でも、「透析はそんな悪いものではありませんよ!」と言っていましたが、やはりどうしても避けたいです。
私もがんばります!

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 後藤 様

————————————————

慢性腎臓病と診断された昨年、インターネットサイトで以前貴協会から資料をいただきましたが、なかなか診察を受けるまでには至っておられない状況がありました。
この度メールで、セミナーが開催されるとの情報をもらい即申し込みをしました。

血流の改善がいかに各細胞に滞りなく流れる事が大事かが理解できました。
それには、自律神経が深くかかわっていることも理解できました。

萎縮が早まるのを抑えるための対策を即急にとることが必要だと感じました。
フットスキッパーⅡの威力を感じましたが、体に合うのかがちょっと気がかりです。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 中村 様

————————————————

定期的にクレアチニンの計測していますが少しずつ悪くなっているので現在どのような状態なのか(クレアチニンだけの値ではわからないので)確認したかったから、参加しました。

クレアチニンの値が1.1とかなのでたいしたことないと思っていたが、じつは着実に進んでいることがわかり、心配になってきた。
このまま放置してはいけないと思った。地道な努力が必要だと感じた。

————————————————–

 
 
 

2024年1月25日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声






————————————————

◆お名前 : 深見 様

————————————————

健康なままで寿命を迎えたい、毎週1回tennisを楽しめている自分にはそれが可能だとこれまで信じてきたが、最近、足攣りが頻発するようになり、それは老廃物の排出が不完全、もしかすると腎機能の低下ではないかと気になった。
そこで、自分のe-GFR値をcheckしたところ、かなり悪い、しかも低下度合いが早まっている兆しが見えるので、事態は深刻であると認識した。
Net上で対策を検索して、内臓trainingのことを知った。
内臓trainingを実行することにより透析などに入らず、最後まで健康寿命を保ちたい。それが目的である。

セミナーをみて、のんきに構えていてはいけない。
今のままでは腎臓はどんどん劣化する。
早く対策にとりかかろうという気になった。
年末の血液検査でe-GFRが30%を若干下回ってしまった。
もう一刻の猶予もなさそうだと感じた。

人の体は様々で、人によって特性は大いに異なるので、ご紹介あった”頑張って努力した人たちの成功事例”と同じように私が粘り強く頑張ったとして、Foot skipperは私にも効くかどうか心配がある。
怠け者や落伍者は除外して、”まじめにやった人”に限った場合、どの程度の成功率が期待できるのか? 何しろ、foot skipperは高額な機器である。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 堀場 様

————————————————

数年前に貴社に資料請求したのですが、そのまま過ごしていた所メールが届き、初めに送られた日程では予定が合わなかったのですが、次送られて来た日の午後は予定が入ってなかったため視聴しました。

腎臓病は治らない臓器とわかっていたのですが、改めてなぜ放置してしまったのかと悔しい思いになりました。
これ以上、下回りたくないなあと思いました。

昨日の人間ドックのあと、4月からフォシーガ10㎎1錠を朝食後飲み始めました。
血圧は上はそれ程高くないのですが、下が80を超えることが多いです。
あと緑内障も引っかかって目薬ミケランを朝1回さしています。
トレーニングを始めた方がいいのでしょうが、正直フットスキッパーの値段に躊躇しています。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 堀川 様

————————————————

私、男性 満92才 令和5年10月16日現在、1)クレアチニン1.10 2) eGFR48 3) 尿素室素17.8 4) カリュウム4.9 でした、5) 考えられる原因(令和3年1月1日、ニュ-モシスチス肺炎による投薬の副作用と思われる、2ヵ月で退院)令和6年1月30日現在の症状は、両足首上と両手首上に浮腫みの状態で両手首の上部は発疹と痒みがある、又、時々動悸や疲れる、但し、今迄に治療は一切行って来ていません、以上の事から治療法を知りたいと思いました、

体全体の仕組みや、腎臓の仕組み、は幾らか理解した感じはしましたが、兎に角、当セミナーをもう数回は視聴したいな、と思いました。
自分のeGFRは、油断できる数値ではないと感じ、どうすれば、数値を上げる事が出来る?その方法を知りたいと思った。
内臓トレーニングの改善例を見て、兎に角、やるかやらないか、続けるか続けないか、が全てを決めると思った。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 草山 様

————————————————

十数年前に尿酸値の薬でCPKの異常値がでて、入院もし、以後薬も止めていたが、尿酸値の数値が改善されず投薬治療をしている。
年齢とともに投薬治療も増加し、肝臓の数値γGTP等の数値が高くなっている。
クレアチニンの数値が少し上昇したため、オンラインセミナーに参加した。

セミナーを見て、いろいろな臓器に影響していることがわかった。
高齢になるとeGFRの低加速度が速くなるのが少し心配である。
以前より伊藤超短波の医療機器で温熱治療もしているが、通電の効果についてもある程度理解できたと思ってる。
電気治療器の種類も多く、価格もピンキリで正直何が良いのか迷っている。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : ひらい 様

————————————————

一番身近な体のメカニズムが分からないので、興味で参加した。
eGFR30%以下は進行が加速していくことに対して、濾過機の面積が減る、同じ量を濾過するので、理解できた。
内臓トレーニングの改善例を見たが、自分に当てはまるか疑問。

低周波治療器は以前から多くのメーカーから出ています。鍼灸医院でも見ます。
ビデオに機械の紹介がありました。効果の違いはあるのでしょうか。

————————————————–

 
 
 

2024年1月20日(土) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声







————————————————

◆お名前 : 青木 様

————————————————

本日は内臓トレーニングを受講させていただき有難うございました。
この2~3年の血液検査でeGFRの数値が40,35,29,24と検査のたびに下がってきており、最近は腎臓専門内科での受診をして何とかよくなるよう考えておりましたが、適切な治療はないといわれてこのままでは人工透析になるのではと漠然とした不安を感じておりましたが、ネットでこちらの自然治癒力のことを知りセミナーに参加させていただきました。
セミナーを通して病院は性腎臓病はよくならないのはよくわかりましたし、自然治癒力による腎機能の改善の必要性が理解できましたので、早速FootSkipperIIの注文をさせていただきました。
到着次第内臓トレーニングを実施したいと思います。

少しは個人で調べていたので理解していたつもりでしたが、今回のセミナーでより腎臓病をより理解できました。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 田口 様

————————————————

2018年2月のクレアチン値1.14mg/dlが2024年1月のクレアチン値1.29mg/dlになっているから参加しました。

自分の腎臓の残存機能は、42.4%なので、なんとかしなければならないと思いました。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 中尾 様

————————————————

クレアチニンに関して数値が良くなかったので参加しました。

腎臓病は、血流が影響していると言うことを知って驚きました。
数値的に、そこまで悪く無いですが、先々を考えさせられました。
透析回避をしている方がいて驚きました。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 青野 様

————————————————

定期健康診断にて、eGFR値が58.6となっており、体のだるさなどを感じていたので、オンラインセミナーに参加した。
腎臓病について、自分で血流改善を意識し自然治癒力を向上させる必要があることに気付きました。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : イリモト 様

————————————————

腎臓病は、薬では、治せないことは、ある程度知ってました、故に、どのような内容の、セミナーなのか、受講しました。

自己責任をとても、痛感しました。同時に、免疫力の向上を目指さなければ…
早く、腎臓トレーニングを行うに、越した事は、ないかな。
人それぞれなので、人口1億2千万通りの細胞株があり、自然治癒の力を信じたい。

————————————————–

 
 
 

————————————————

◆お名前 : 竹原 様

————————————————

クレアチニンを下げたくて、参加した。
食事と運動を真剣に気をつけようと思う。

————————————————–

 
 
 

2023年12月14日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声





————————————————

◆お名前 : 小幡 様

————————————————

元々、間質性膀胱炎を患って6年目、病からくる疲労感が顕著に表れ、栄養吸収が悪く、クレアチニン数値も高くなっていました。
心配になり、ネット検索致しましたら、貴協会のサイトを見つけ、東洋と西洋の医療を内容に興味を持ち、是非お話を伺いたいとオンラインセミナーの参加を希望致しました。

お話を伺ったことで医療現場の言葉を鵜呑みにせず、また他人任せにすることなく、自身の身体は自ら治す努力が必須と痛感致しました。
また、50代にして、eGFRが60パーセントを切りましたので、対策を取りたい、実行したいと思いました。
改善されている方がいらっしゃると聞いて希望が持てました。またこの様な治療機器が開発されて有り難い時代と感じました。

間質性膀胱炎との絡み合いからか、腎臓の衰退が心配です。
食事対策から何でも、ご相談に乗って頂きたいです、

————————————————–
 
 
 

————————————————

◆お名前 : 山下 様

————————————————

クレアチニンの数値が良くなかったこともありますが、ここ一カ月尿の泡立ちが気になって参加しようと思いました。
楽しみにしてたのですが、自営業で、急な注文が入り、参加できませんでした。
残念です。次回を楽しみに待ちます。

————————————————–
 
 
 

————————————————

◆お名前 : 阿部 様

————————————————

初めて協会に連絡したのは数年前でした。其の頃はクレアチニン値も、まだ2以下でした。
事態を甘く見ている内に、アッツという間に腎臓は悪化してしまい、人工透析目前です。
人工透析と謂う状態に対する理解が全く欠如していました。今、ここに至ってじたばたしています。
人工透析と謂う事態の理解が不足していた。透析になったら、内臓トレーニングも効果が無いと思っていましたが、併用で透析の不完全分をカバー出来る可能性があるならば、積極的にやってみたい。
自分では透析寸前と考えていますが、担当医師の意見と相違が有ります。
自分は腹膜透析希望ですが、その辺の考えも異なります。

とても勇気ずけられました。自身は奇跡は望みませんが、透析による不調、辛さが内臓トレーニングとの併用で減少することを切望しています。

脊柱管狭窄症が有ります。NTT関東病院のペインクリニックに3年程通っています。
初期に比較しても障害が大きく改善していますが現在、仰臥位で10分程度経過すると、下半身に強い痛みが生じます。脹脛への通電は可能でしょうか?長時間通電(5時間程度)を考えています。
足裏通電のみで効果があるでしょうか?

————————————————–
 
 
 

————————————————

◆お名前 : 柴田 様

————————————————

慢性腎臓病についてより知りたかったため、オンラインセミナーに参加してみようと思った。
セミナーで話を聞いて、食事療法だけでは治りにき事が分かった。
電気療法が効果的であることは理解できたがかなり高価なので様子を見て判断したい

————————————————–
 
 
 

2023年12月7日(木) オンライン腎臓病セミナー 参加者の声





————————————————–

◆お名前 : 安原 様

————————————————

1.クレアチニン値が上がってきたため
2.足、と手の指のむくみが治らないため
3.人工透析を避けたいため
4.内臓トレーニングで、クレアチニン値が本当に下がるのか、興味があった
以上がオンラインセミナーの参加を決めた理由です。

腎臓病って、思っていた以上に怖い病気なのだと認識した。と同時に、先生のわかりやすいご講義と、皆さんの体験談をお聞きして、少しばかり希望が持てました。そして、現在のeGFRが、44.7なので今のうちに何とかしなくては、と思ったと同時に、皆さんの体験談を聞いて、今ならまだ間に合うかもしれないと感じた。

————————————————–

 
 
 

————————————————–

◆お名前 : 倉崎 様

————————————————

オンラインセミナー参加の目的は糖尿病歴が長く最近腎不全だと医師から言われたからです。
内臓トレーニングの機械を買うお金を都合できないので非常に残念です。
まだ透析予備軍まで行ってはいないが、いずれはと思うとさみしい。
透析予備軍といわれても透析するつもりはないので。

講師の方も言っていましたが、すべての人に当てはまるわけではないでしょ、どうしてこんな誘導するような質問をするのですか?
あなた方の姿勢が疑われますよ。
でもこれで少し楽になりました。
アンケートと称したマーケティングですね。

————————————————–

 
 
 

————————————————–

◆お名前 : 村川 様

————————————————

以前から腎機能が思わしくなく、もう少し腎臓病について学びたいと思ったから参加しました。
血流を良くする生活の仕方や食事についてももっと詳しく知りたいと思う。
eGFRについては病院の先生もはっきり言ってくれないので、これは正直「やばい」と思った。
専用の機械があまりにも高価格なので、年金暮らしの自分には手が出ない。
せめて、1万円くらいの機械を開発してください。

————————————————–

 
 
 

————————————————–

◆お名前 : 内藤 様

————————————————

三年ぶりの特定健診でクレアチン数値が高く、数値の意味と改善出来るのか知りたかったためオンラインセミナーに申し込みをしました。
お話を伺って腎臓病の定義が解りました。
自分の腎機能を回復出来るなら回復させたいと思いました。

クレアチニンが下がった方は多くいらっしゃるようですが、リューマチ、腕が上がらない方を短時間の処方で改善出来た動画がありましたが、これは根拠「確信」があっての処方ですか?
私も首、肩が痛いなど色々な不具合があるので、クレアチニン降下より興味がありました。エビデンスはありますか?

————————————————–