セミナー参加者の声

2021年2月9日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声






◆お名前 : 田中  様
◆感想・メッセージ : 
病気は医者任せではなくて自分がしっかり勉強して管理していかなければならないとつくづく感じました。
少なくとも検査表を見て適切な判断が出来るようにならないといけないと思いました。
そのためのご指導をこれから何卒よろしくお願いします。
 
 
 

◆お名前 : 堀切 様
◆感想・メッセージ : 
60兆の脂肪の一つ腎臓の働き、分かりやすく説明良かったです。
コロナ等、糖尿病の合併症で、自律神経が乱れがちで内臓トレーニング、すると覿面落ち着くので、時間はかかるけど高齢ながら頑張っていきたいと思います。
 
 
 

◆お名前 : 那須 様
◆感想・メッセージ : 
クリニックに来ている患者さんに、このセミナーを紹介したいと思います。
 
 
 

内臓トレーニング協会 様
お礼の返信が遅くなり申し訳ありません。
望月先生のセミナーは家内と一緒に聞かせて頂きました。
先週、ご相談しました尿の件も自律神経の関係だと理解する事が出来ましたので、此れからは脊髄の通電時間を増やして行きたいと思っております。
自宅で内臓トレーニングと食事療法が一番大事ですので家内と二人三脚で頑張って行きたいと思っております。
ありがとうございました。
 
 
 

◆お名前 : 匿名希望 様

◆感想・メッセージ : 
お世話になっております。
受講、二回目です。
記憶更新と自分を鼓舞するのにとても役立ちます。
貴協会に巡り合えたことは言わば奇蹟です。
今後も通電と食事療法に励む所存です。
よろしくお願いします。

 
 
 

2021年1月26日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声










◆お名前 : 匿名希望  様
◆感想・メッセージ : 
セミナーありがとうございました。
申し込みから、当日の受講まで、円滑に行えました。
改めて、内蔵トレーニングの必要性が理解できました。
望月様の心強いメッセージが嬉しく思え、最後は感動しました。
長らく糖尿病の治療をしている段階で、腎臓の数値も徐々に高くなり、10月にクレアチニンが5.59、11月には6.17、12月には7.39になってしまい、透析の準備をしましょうと言われてしまいました。
以前いただいたDVDの資料を改めて見て、補助器具を取り寄せたのが12月の検査の前日でしたので、透析実施の結論を1月の検診の結果で判断して欲しいと話し、毎日3~4時間トレーニングをした結果、数値が7.10に下がり、先生も感心して、準備も1か月先送りになりました。
まだまだ高い数値ではありますが、少しでも数値を下げ、透析の実施を送られるよう、努力したいと思います。
質問ですが、トレーニングの時間は、長いほど効果があるのでしょうか。
今は仕事にも就いていないので、時間は十分あります。
無理してではなく、むしろ、トレーニングをしていると、心が落ち着きます。
次回の検診に向けて、頑張りたいと思いますので、引き続きアドバイスよろしくお願いします。
なお、尿素窒素は45前後で推移しています。
 
 
 

◆お名前 : 戎 様
◆感想・メッセージ : 
糖尿病からの慢性腎炎の場合どのような事例があるか知りたかった。 
糖尿病の場合はなかなか難しいという事が情報としてあるので、改善する可能性があるのか少し不安を持ってトレーニングしています。
 
 
 

◆お名前 : 川村 様
◆感想・メッセージ : 
今日はありがとうございました。
食事療法も通電も頑張っていますがまだご指導いただきたく思います。
薬の相談もさせていただきたいです。
よろしくお願いします。
 
 
 

オンラインセミナー、大変勉強になりました。
家内と一緒に、トレーニングの時間を忘れて最後まで拝聴いたしました。
明日から更に頑張って励みますのでよろしくご指導お願いいたします。
 
 
 

◆お名前 : オゾエ 様
◆感想・メッセージ : 
セミナー終わりまで拝聴いたしました。
昨年春に静岡まで行き内臓トレーニングの講習を受け、その後指導の下に補助器具を使って参りました。
幸い症状が軽かったこともあり、悪化せず約1年近く経過しましたが、日常が多忙のため、やや手抜きの感がありました。
セミナーを受け、少し一生懸命に取り組まなければ・・との思いを強くした次第です。
講師の話は分かりやすくさすがは・・と思いました。
ありがとうございました。
 
 
 

◆お名前 : 爲我井 様
◆感想・メッセージ : 
参加前にはクレアチニンを下げるということが理解できませんでした。
今回参加してみまして、尿酸、尿素窒素等との関連性が理解できました。
望月先生にはトレーニングセンターでもお世話になり有難うございました。
今後の月に2回目の採血検査が楽しみです。
今後も益々、内臓トレーニング、食事療法に努力します。
 
 
 
 

◆お名前 : 瀧山 様
◆感想・メッセージ : 
セミナーを2度みました。
検査報告書の見方のところを5度見まして、よくわかりました。
自分で検査項目を勉強していますが、わからないことが多々あります、
今回のセミナーを見まして食事制限の流れがわかりました。
 
 
 

◆お名前 : 匿名希望 様
◆感想・メッセージ : 
大変遅くなりましたが、アンケートの回答をお送りします。
1、このセミナーに参加する前の悩み
  内蔵トレーニングを行っているが、どうしたらクレアチニン値が下がるか。 
                                                                                                                                                                                                                          
2.実際に参加してみた感想
  当初(2016年10月23日大阪駅前第二ビル15F)始めて参加したとき、一つ腎臓病は治らない。
二つクレアチニン値が基準値1、0を超えた時腎機能の半分は失われており、何もしなければ坂を転げるように透析に向かって進んでいく。
と聞いたときは非常に衝撃を受けた。今回はそのくだりもなかった。
また、担当医は何も説明してくれなく、クレアチニン値が4くらいになるといきなり「透析の準備をしましよう」と声を掛けられる。
とのくだりもなく、前の時とは大分トーンが下がっているような感じがした。
3.病気改善に、どんな風に役立ちそうか
どれくらいの養生、制限をすればいいのか。
4.内臓トレーニングについて理解したか
相当程度理解できたと思っている。
5.このセミナーを友人・知人に紹介したいと思うか
同じ病気で悩んでいる人がおれば、是非紹介したい。
                          以上
 
 
 

◆お名前 : 大崎 様
◆感想・メッセージ : 
アンケートの返信遅くなり申し訳ありません。
今回健康セミナーに参加させて頂きましてありがとうございました。
腎臓の機能回復のためには臓器に血液が届くことが必須。
内臓トレーニングは、その血流を活性化させるのに有効な方法であること。
また腎臓だけでなく身体全体の健康維持にも役立つトレーニングであることを丁寧に説明していただき、自分自身の理解が深まりました。
血液検査数値の見方も有難かったです。今まではクレアチニン値くらいしか着目しておりませんでした。
そして何より心に強く残ったことは、腎臓の機能改善は自分自身の行動が全てということです。
今までは色々と理由をつけてトレーニングも途切れがちでした。誰のためでもない自分自身の身体のため、優先して今後はトレーニングを行ってまいります。

改めてセミナーありがとうございました。

 
 
 

2021年1月15日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声







◆お名前 : 大迫  様
◆感想・メッセージ : 
毎回の血液検査で主治医は数値が上がった、下がったと言うだけでどうしたら良いとか指導が無くどうしたらいいか分かりませんでした。
今回のセミナーで望月先生から何回も何回も自分自身の勉強が必要だと聞きCKDがどういうことかよくわかりました、
なんだか目が覚めたようにこれから先どうしたら良いか目標が分かってきたことが最大の収穫です。
血流を改善し少しでも腎臓を長持ちさせ、透析をしなくて済むようにするため更にフットスキッパーでのトレーニングを頑張っていく覚悟です
このセミナーの機会を頂き感謝いたします、ありがとうございました。

大迫

◆お名前 : 匿名希望 様
◆感想・メッセージ : 
CKDにつき、あらためてこの病の本質を知り、主治医が自分であることを思い知らされました。
また、必ずしも不治の病でなく努力する意義があることを知り、勇気をもらいました。
ありがとうございます。
 
 

◆お名前 : 中村 様
◆感想・メッセージ : 
大変勉強になりました。
内臓トレーニングを実践しておりますが改めてその意義を再認識しました。
数値に関しての認識も再度確認できたように思います。
クレアチニン値と尿素窒素の値、カリウム値、総蛋白の値とうの見方が再確認でき食事療法の重要性が認識出来ました。
いつでも先生の講演内容が繰り返し勉強できるといいなと思いました。
ありがとうございました。
 
 

◆お名前 : 岩見 様
◆感想・メッセージ : 
以前、機器も購入して取り組んできましたが、さぼりきみで、あまり成果が出ていない状況でしたが、改めて自分のために勉強してみたいと思いました。
 
 

◆お名前 : ワタナベ 様 
◆感想・メッセージ :  
今回セミナーに参加し、身につまされる思いでした。改めて必要性を痛感しました。
 
先生のお話はとても分かり易く理解できました
私は2017年にトレーニングを開始したのですが、違和感を感じドッグを受信後、心臓バイパス手術を受け、以来訓練を中止しておりました。
 
現在、体調も回復したので、再度取り組みたいと思います。数年倉庫に入っていたスキッパーを取り出してきましたが、正常に作動するか心配でもあります
 
 
 

◆お名前 : 匿名希望 様
◆感想・メッセージ : 
内蔵トレーニングの歴史を理解しました。
やり始めてまだ13日ですが。
結果は全く出ていませんが自分でも冷静に論理的に理解しながら進めていきたいと思います。
セミナーでの疑問は、通電の論文があって昔やっていたようですが、?@やめた理由が医者に入ってくるお金の問題だけではなく効果が出にくいのではと思っています。
またはその両方?
 
 

2020年12月15日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声


◆お名前 : 匿名希望 様
◆感想・メッセージ :
内容が以前のものである事を示しておいてほしかた。
癖のない話し方でとても聞き易く、簡略明解な内容になっていて、しかも途中で自分の検査結果を見たりメモをしながら聞けたので助かった。
腎臓病に対する医療機関の対処姿勢は依然から聞いてはいたが,今回のセミナーを聞いて”自分の体は自分で守らなければ”という気持ちが更に強くなった。
脊髄やふくらはぎ、足裏などへの通電の医学的な意味や有効性も更によく理解でき、しかも、話し方が流れのように進められ、快適な気持ちで聞き終わることができました。
またの機会があれば再度参加しますので是非計画願います。

2020年12月8日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声



  
   

◆お名前 : 山下 様
◆感想・メッセージ :
クレアチニン値が少しずつ上がってきて心配していましたが、望月先生のお話は分かりやすく再認識しました。
トレーニング継続の力になります。
広岡先生のお話も聞けると思いました。

  
   

◆お名前 : 神戸 様
◆感想・メッセージ :
1.トレーニング効果。について多少不安がありましたが納得できました。
2.概ね予想通りの内容でした。
3.あらためて医者に頼ること無く自分で治す気概を持つ事。
4.理解できました。
5.機会があれば紹介します
※不安として投薬されている降圧剤、他との併用が凄く気になります。
どの様なスタンスで臨んだら良いでしょうか?
投薬している掛かりつけ医者は相談しても何の反応もありません!
紹介された専門医者も今回のセミナー通り検査数値をみて説明するだけです。
こうなると益々自らの判断と気概で対応して行かないといけないと強く感じました。
要するに食事療法と内臓トレーニング、適度の運動で何とか乗り越えて行きたいと思いました。
セミナー開催頂いた関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。

   

2020年12月5日 池袋セミナー 参加者からの声




◆お名前 : 匿名希望
◆感想・メッセージ : 
セミナー、ありがとうございました。
腎機能低下の原因が分からず、この先どうしたら良いかも分からず、不安な気持ちで受講しました。
不安はもちろんありますが、出来る事から始めてみたいと思いました。

 

◆お名前 : 傅田  様
◆感想・メッセージ : 
自身の直近血液検査報告書を携帯したところ受講後に健康アドバイザーの方からデータの見方を丁寧に教えて戴きました。
講師の先生をはじめ関係者各位様の使命感から生まれる熱意を感じ、次は健康教室を体験してみたいですね。

 

◆お名前 : 苅部  様
◆感想・メッセージ : 
慢性腎臓病の維持改善。
相互の信頼関係が大切だと感じました。
私には、まだ貴協会のスタンスが理解できていない点があるようです。

   

2020年11月17日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声



◆お名前 :匿名希望 様
10年位前に何も知らないまま仙台講習を受けて、その時は解ったと思ってましたが、今回少し知識を得てから又話を聞くとより一層解りやすく忘れていた部分もありとても良い機会でした。
野菜の煮こぼしとか果物は缶詰の方が良いとかチョットした事を手を抜かずに実行して行きたいと思いました。
前回もそうでしたが望月先生の話は要点要点を順序良く話されて話に吸い込まれそうでした。
有り難う御座いました。

   
   

◆お名前 : 伊藤 様
先回の健康セミナーの時は、急遽、セミナーの時間変更をお願いしました。
なかなかアクセス出来ず電話でやり方を教えてもらい間に合いました。
今回もどうなるか心配でしたが問題なく講習を受けることができました
先回はアクセスする時間が早かったのか?と思います。
良くメールを見ると開始が9時からですのでその前はアクセス出来ない、、とのことがちゃんと記されてました。
先回は焦ってしっかり案内文を読んでなかったのだと思います。
今回は一回ですぐ画面が表示できました。
毎日、食事内容を考え、内臓トレーニングをしていますが、時間が経つにつれ緊張感がなくなります。
定期的にセミナーがあれば、トレーニングを開始した目的が都度、明確になるので私はこれからも、このようなセミナーには参加させて頂きまうす。
まして年をとっていくと(もういいや、、、)という気持ちがふーっとでてまずいな~と思うことがあります。

   

2020年11月10日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声



◆お名前 : 後藤 様
1.クレアチニン数値が上がって来た。
2.参加して良かったです。
3.今までよりもっとトレーニングに時間を使おうと思った。
4.理解させて貰えました。
5.知人で困っている人が居たら是非とも紹介したい。

   
   

◆お名前 : 中武 様
お世話になります。
足裏とふくらはぎは毎日2時間弱行っておりますが、脊髄は全く行っておりませんでした。
今日のセミナーにて脊髄の大切さがわかりました。
またクレアチニンが1.25?だった人が0.98?位になった例もお聞きして、私も挑戦しようと決心しました。
※スマホの書き込みをみて高額な機械を売りつけて何も説明がなくがっかりした。と言う書き込みをみて少し不安になりましたが、いいことも書き込みされていますので、私はプラス思考でゆきます。
何にもしないでいてもしょうがないので腎臓トレーニング協会を信じてこれからの生活を送りたいと思っております。

  

2020年11月 博多・広島腎臓病セミナー 参加者からの声









◆お名前 : 匿名希望
◆感想・メッセージ :
 
セミナーを開催いただきありがとうございます。
地方にいるとなかなか本部にうかがえず、ずっと切望しておりました。
現在、慢性の腎臓病と診断を受けておりますが、腎臓病に特化した治療が行われないのが不満でしたが、その理由がセミナーで明らかになりその治療方針に愕然としました。
自身、クレアチニンの数字がまだ心配するほどのことはないのかなっと思っていました。
医師もその危険性に触れていなかったからです。
しかしこの度クレアチニンの数字が一気に1.66まで悪化し、「腎生検」をしきりに勧められるようになりましたことから不安が急に増幅してくるようになり、どうしても内蔵トレーニングのことが気になり本日のセミナーを待ち焦がれていました。
しかし、若干の余裕をを抱いていましたが望月先生のお話を聞いているうちにまさに「切羽詰まった状態」だと認識を改め得ざるを得ませんでした。
と同時に起死回生のまさしく「神の救い」を得たような気になりましたが、事はそう簡単でないことも同時に感じ取ることもできました。
とにかくしがみついてでも「内臓トレーニング」を頑張ってみようと思った次第です。
とにかく助けていただきますようよろしくお願いいたします。

 

◆お名前 : 西原 様
◆感想・メッセージ : 
内臓トレーニング協会のご指導を得て通電トレーニングを略毎日しています。
現在町の内科医院(主治医)に18年近く通っています。
その後別の病院の腎臓内科の先生を紹介して頂き通っていますが漠然とした所見しか聞けず消化不良でした。
先般オンライン講習会を受けましたが画面に映る説明文が小さくて又音声も小さくて良く理解できませんでした。
 この度、一番前で受講させていただき、声も説明文も良く見えより理解することが出来ました。
主治医は「いつも特に変わりないですね」HbA1cの値が多少増えても誤差の範囲程度の話で、腎臓内科の方は私の生存している間10年位なら大丈夫と言っています。
今回講師の先生の話を聞いて今まで自分で取り組む姿勢が足りなかったように思います。
 今までを反省し一から出直すつもりで通電、食事、運動など取り組んでいきたいと思います。
具体的な数値については別途毎月のレポートの報告時にご連絡します。
私の近くに、腎臓の悪い人がおれば必ず紹介したいと思います。 
この度は、貴重な時間を頂きありがとうございました。
感謝申し上げます。
講師先生に最初に声をかけて頂き帰りに電車の時間もありご挨拶もせず失礼しましたことをお詫び申し上げます。
くれぐれももよろしくお伝えください。  感謝

 

◆お名前 : 匿名希望
◆感想・メッセージ : 
以外に関心のある方が多いんだなとまず感じました。
講師の説明は極めて分かりやすくとても参考になりました。
一つ残念な事は、器具についての説明がなかった事に尽きると思います。
皆さんは、腎臓病についてはかなり勉強をしていると思います。
最も関心な器具の取り扱い方法、費用などが聴きたかったはずです。
この器具に類似した製品が出てるし、ネットでも買えるような気がします。
実際ヤフーで検索してみると中古ではありますが、7万円ぐらいで出ておりました。
そういった器具の種類、使用時間、そんなもろもろが聴けなかったのは、とても残念に思いました。
残り30分でススタッフの方に聴いて下さいと言われても、上手く丸め込まれて、結局は聴きたい事が聴けなかったと言うのが本音でした。
後ろを振り向いたら、みんな帰っていました。

 

◆お名前 : 平田 様
◆感想・メッセージ :
 
先日は、ありがとうございました。
70歳、6年前別の病気で入院した際に、腎臓機能が悪いと言う事を初めて知りました。
その時のクレアチニン数値が1.2でした。
現在まで幾度の採血検診で上下を繰り返し1.6(残存機能30%)までに上昇しています。
この間医師からは納得できる対策、方法などの指導がなく、ずーっと不安を抱えて来ました。
この度、福岡でセミナーがある事を知り、早速受講しました。
早目に会場入りしましたが、既に大勢の人が開場待ち。
不安を抱えている人の多さを実感。

講演の中で、このまま病院を頼っていても、いずれ人工透析まで行ってしまうのでは、と言う不安の頂点に達しました。
『治癒はしないが改善は出来る』『サポートを受けながら自分で努力する』を学び、改善までの道程は簡単ではないかも知れないが、『チャレンジ』ポジティブな気持ちに変化しました。
ありがとうございました。

 

◆お名前 : 小森 様
◆感想・メッセージ : 
一緒に主人とセミナーに行きやっとやる気を出してくれました。
是非内蔵トレーニング始めたいと思います。
また、主人は統合失調症がありますが脳の方にも試してみたいと思います。

 

◆お名前 : 古瀬 様
◆感想・メッセージ :
 
腎臓の悪い人は疲れとかけだるさが有ると聞いていましたので、私は登山とかパークゴルフを週に2~3回楽しんでおりますが、翌日に疲れ等が無く、腎臓科の主治医も今の生活を続けて良いと言われたので、ある程度安心していましたが、望月先生から叱られました。
今後は運動を控え食事療法を改善しなければクレアチニンは下がらないと思いました。

 

◆お名前 : 匿名希望
◆感想・メッセージ : 
・講演内容はとてもわかりやすく、為になった。
 きちんと理解してトレーニングを実践できるのでやる気が増した。

・講演時のパワポ資料が頂けると有難い。
 メモを取ったが、時折自分自身の気を引き締めるために読み返せたらよいと思った。

・休憩なしの2時間はちょっときついかも。
 退出自由と言われても、あのスペースの会場では動きにくい。

ありがとうございました。

 

◆お名前 : 後藤 様
◆感想・メッセージ : 
1.クレアチニン数値が上がって来た。
2.参加して良かったです。
3.今までよりもっとトレーニングに時間を使おうと思った。
4.理解させて貰えました。
5.知人で困ってる人が居たら是非とも紹介したい。

 

2020年10月20日 オンライン腎臓病セミナー 参加者からの声



◆お名前 : 小杉 様
腎臓病と如何に付き合い現状維持できるか、これしかないと再認識しました。
大病院の先生も透析開始まで出来ることはないと言われていたので。
ただ、実践維持は大変困難であることも良く分かりました。
7月からはじめたばかりですが、自分の体力に合わせて強い意志で頑張ろうと思います。
女房も一層協力すると言っています。
今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

  

◆お名前 : 匿名希望 様
1(悩み)結婚を機に福岡から大阪へ転居し、腎臓内科の主治医が変わりました。主治医が変わったことでこれまでにはない指導があり、薬の増減によるものか、以前は一定を保っていた数値に波が出てくるようになり、クレアチニン値も思うように改善せず落ち込んでいました。
2(感想)3(改善)セミナーに参加してみやこ先生のわかりやすく力強い説明に励まされ、同じ悩みを抱えている方と一緒に頑張ろうと改めて思えるようになりました。
現在血圧の数値によりニューロタンを増減するよう指導があっていますが、血圧の低下を目標とするので腎臓が働かなくなっているのかもしれないと思い、以前の量に戻し、内臓トレーニングの時間を増やしたいと思います。
家事と仕事の両立で食事療法(主人と別々の献立を立てることが中々難しい)が思うように出来ていません。
塩分とたんぱく量は考えて食べていますが実家で母が計りながら料理をしてくれたまでは出来ていないため、食事療法をするためにどのように生活を見直せばいいか考えたいと思います。
4(理解)とても良くわかりました。
5(紹介)紹介したいと思います。