腎臓病治療

1 / 4912345...最後 »

2018.7.5 糖尿病性腎症患者さんよりメール

j_20180705_mail_54910

静岡トレーニングクリニック
廣岡先生

今年5月にお世話になった○○と申します。
お伺いしたときの検査データは、尿素・窒素が36.9、クレアチニンが3.32、eGFRが15でした。
以後内臓トレーニングと適度な運動、低たんぱく米の食事療法、ストレスのない生活を心掛けました。
6月26日は尿素・窒素が27.1、クレアチニンが3.39、eGFRが14.6となっており、主治医の先生からも人工透析を進めるお話が出なくなりました。

2018.7.2 腎臓病患者さんよりメール

j_20180702_mail_15165

内蔵トレーニング協会様

6月は、梅雨に入り後半は天候不順で余りウォーキング等外に出る機会が少なかったです。
今日も台風が接近しているので、荒れた空模様となっています。
余り被害が出ず、通り過ぎて欲しいものです。
農家も田植えの真っ最中です。
お陰様で私達は毎日健康的な生活を送ることができました。
6時の起床から始まり、血圧測定、ウォーキング・・・・と何の変化も無い日常生活ですが、朝の目覚めも良い、血圧も基準値内で安定、40分程のウォーキングも苦にならず、朝食もしっかり摂れています。
この調子で梅雨の季節を乗り切り、もう少し汗をかいて四国へ弾みをつけたいです。
熱中症対策をしっかりとして、一日一日を頑張って過ごします。
これからもよろしくお願いします。

2018.6.27 腎臓病患者さんよりFAX

j_20180627_fax_55256

内臓トレーニング協会様
                    東京都○○○○
                       ○○○○
      トレーニング体験日誌
梅雨の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。
下記に記録した日誌を送ります
        記
1、30.6.4よりトレーニングを開始。
 最初の5日間ほどは全身に痒みがあり身体に引っ掻きキズが出来ましたが程なく収まり現在は全くありません
2、皮下出血のような血の塊が腕や下肢にありましたが2週間ほどですべて消えました
3、6月26日に栄養士さんに食事の内容をみてもらいましたが、1800カロリー必要なのに1200カロリーしか取れていないとの事でした
4、クレアチニン   30.4.4   採血時  4.08
    〃      30.5.9     〃   4.51
 30.5.22にシャント作成の説明がありました
 30.6.4 トレーニング開始日
  クレアチニン値  30.6.18   採血時  4.33
 30.6.26 検診 医師からはシャントの話は無く、数値が良くなっている点もあるので次回 30.7.31に採血検診するとの事でした
5、トーレングの実践時間表も送ります
6、指先が温かくなり、爪の色もピンクになりました
6、少し希望が出てきましたト、レーニングを続行します

2018.6.24 糖尿病患者さんよりメール

j_20180624_mail_44022

内臓トレーニング協会
望月みや子先生、廣岡 孝先生
スタッフの皆様

拝啓 薄暑の候 皆様におかれましては ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
先般のご訪問時は、真心のこもったご指導をして下さり、お気遣い頂きましたことを、大変有り難く存じます。
ご指導いただいた結果、数値が改善し望みが見えました。
本当に有り難うございます。
感謝しております。
eGFRが12→14.5
クレアチニンが4.65→3.92
内臓トレーニングを5月4日にはじめて初の血液検査に6月21日に行ってきましたので詳細は添付ファイルにてご報告申し上げます。
当日はeGFRが9以下になったらシャント手術の為に入院する話が看護師さんからお話しがあり検査結果がでるまで生きた心地もしない状況でした。
ここ最近のeGFRの落ち込みが加速していたので致し方無く思いますが関係者は人工透析患者がまた一人増えると思っていたようです。
これもすべて、望月みや子先生をはじめ、内臓トレーニング協会の皆様のおかげです。
重ねてお礼申し上げます。
今後どのような数値になるかわかりませんが引き続き努力をしてまいりますのでご指導の程宜しくお願い致します。
末筆ながら先生のご多幸と益々ご発展お祈り申し上げます。  謹白

2018.6.14 腎臓病患者さんよりメール

j_20180614_mail_53466

いつもお世話になります。
今月は特に新たな指摘はありませんでした。
毎月検診時には、これまで何十年もよく保ったなあ、と先生の言葉です。
何とか少しでも数値を改善していきたいものです。
よろしくご指導願います。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

2018.6.10 腎臓病患者さんよりメール

j_20180610_mail_54269

初めてメールを差し上げます。
フットスキッパーを購入利用させて頂いて2ヶ月になります。
ふくらはぎ、足裏、脊髄を合計一日3時間の治療を目指しておりますが2時間であったりもします。
日本舞踊の稽古へ行ったり練習のため疲れてしまいますが標準の3時間治療を続けられるよう努力中です。
食事は蛋白調整のご飯、パンその他腎臓病向きの食事を摂るように心掛け、野菜類は一度茹でたり煮てから料理するなどしています。
塩分の量も大変気を配っています。
もともと食事摂取量が大変少ないので、少し量を増やしてスタミナを付けて欲しいと思いますが体が受けつけないようです。
カリウムは:4.2で基準値内です。
血液の検体検査について:
3月30日のクレアチニンの測定値:7.17
6月4日の測定値         :5.78
驚きの改善数値でした。
クレアチニン値が上昇傾向にあり3月の数値の結果、遠くない日に人工透析もやむを得ないだろう、元気な内に準備をと病院から勧められて、4月27日にシャントの手術を受けました。
しかしできる限り人工透析の回避に努力しようと、本人が真剣に考えたきっかけでした。
貴方への通知報告を6月の検査結果をみてから今後の取り組みをお願いしたいと考えておりましたため通知が遅くなってしまいました。
クレアチニン値の改善がありましたので、フットスキッパーの治療によるものと思われるので、とりあえず活用時間の増加を考えていきたいと思います。
又足のむくみが出やすいのでリンパマッサージを併用しております。
次回の血液検査は7月上旬ですので良い報告が出来ますように頑張って参ります。
貴協会を知ることが出来たこと、スタッフ皆様の熱心なご指導を受けられたこと大変幸運に思い嬉しく思い厚くお礼申し上げます。

2018.5.23 糸球体腎炎患者さんよりFAX

j_20180523_fax_47258

内臓トレーニング様

いつもお世話になっています千葉県に住む○○と申します。
先日○○病院から紹介されまして腎臓専門の○○クリニックに行きました
その時の血液結果です。
クレアチニンがかなり上がりましてドクターは透析は今ですと言われ6月5日にシャントの手術をする予定になりました。
長い間の腎臓のゴミが溜まってしまったのでクレアチニンは下がりませんと言われました
前回から今回までいいと言われたことは何でもやってみましたが効果はなかつた様です
望月先生がご覧になつても血液検査では透析は妥当なのでしょうか?
ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです

2018.5.23 腎臓病患者さんよりメール

j_20180523_mail_46170

内臓トレーニング協会様

日頃、大変お世話になり誠にありごとうございます。
おかげさまで血液検査の数値がさらによくなり、腹膜透析をしなくて良い状態です。
尿酸値の数値高いため、相談した結果主治医より尿酸値治療薬が今回処方されました。
毎日、一日2リットルの水分補給をしています。
また、貧血のためホルモン注射を月一回と鉄剤を週一回飲み始めました。
主治医より透析の目安は尿素窒素の数値が80以上とお言葉をいただいています。
今後とも精進いたしますので御指導の程、よろしくお願いいあたします。
追伸: FAXで今回の血液ノデータを送付します。

2018.5.22 糖尿病性腎症患者さんよりFAX

j_20180522_fax_42297

内臓ネットワーク様
いつもお世話になっています。
母のシャントが血栓でつまってしまいました。
6/12から入院し、人工血管を入れ、作り治すそうです。
考えてみれば透析で使ってないからつまるんだなあと思ってしまいました。
病院で会った他の患者さんはシャントを作ったばかりで「腎臓が悪いだけじゃなくて色々な所にガンができているから透析になってもいいから好きな物を食べるんだ」と言っておりました。
母も通院の帰りにタクシーの中からファミリーレストランを見ると「あそこでご飯食べられないよね?」と聞いてくる時、ちょっとつらいです。
でもシャントを作ってから7ヶ月以上たち、透析になった時にどうするか色々考えられたのでそれは貴重な時間だったと思います。

2018.5.21 糖尿病性腎症患者さんよりFAX

j_20180521_fax_53231

内蔵トレーニングセンター御中
                山口県○○
                ○○○○
    トレーニング報告について
いつもお世話になります。
トレーニングは、別紙の実施記録表の通り頑張っています。
先月のトレーニングアドバイスで余り頑張り過ぎないようにと、アドバイスされましたが、もう習慣になったのかあまり苦もなくトレーニングを続けています。
今月の病院の診察は、5月の連休の関係で期間が長くなりましたが5月18日に受診しました。
トレーニングを頑張っているので、検査結果を期待して受診しましたが、日頃の検査項目に無い尿中アルブミン値は前回より大幅に改善していましたが、クロアチニン値はなぜか前回より上がっており、なぜかと一寸悩んでいます。
只、トレーニングを始めて3ヶ月なのに、そんなに早くから結果を期待しすぎる私がいけないのだと自分に言い聞かせ、トレーニングを続けています。
トレーニングで気づいたことは、5月の連休頃から補助機のボリューム目盛り2以下でも感度が良くなり、低目盛りでのトレーニングを行っています。
私がトレーニングを頑張れるのは理由があります。
昔から体力には自信があった私が自分の不注意でこんな体になりましたが、そんな私に愚痴一つ云わず制限食を作ってくれる妻がいるからです。
病院の診察結果は、昨年よりは徐々に悪くなっており、家庭でも職場でも平静を装ってはいたものの、このままでは人工透析にまっしぐらだと一人悩んでいました。
腎臓は治らないと病院の先生からはくどいように云われていましたが、どこか今よりはよくなる病院はないものかと、いろいろと探していました。
そんな時、ネットで内臓トレーニングセンターを知り、早速本を購入して低周波の補助機が効果があることを知りました。
効果が期待できそうなのですぐに買おうと思ってはみたものの、一寸高額なので効果がなかったら妻に迷惑を掛けると悩んでいましたが、「良くなれば安いもの、やってみたら」と妻が後押しをしてくれたのです。
妻のためにも、私のためにもとにかく頑張り通そうと決意したので、トレーニングもあまり苦もなく頑張っています。
いろんなアドバイスを受け、少しでも妻の負担を減らしたいと思っていますので、今後ともアドバイスを宜しくお願いいたします。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
1 / 4912345...最後 »
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?