腎硬化症

1 / 212

2017.1.19 腎硬化症患者さんより メール

明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願いいたします。
毎日厳しい寒さが続いています、今日は腎臓内科の受診でした、検査結果は別紙FAX しました。
年末年始いろいろと外食の機会も多くあり心配しましたが何とか現状を維持できました。
腎臓内科の担当医師も6年間状態が安定しているので、今後3ヶ月に1回の受診で良い ことになりました。
トレーニングを始めて今年で6年目になります。
今後ともよろしくご指導ください。

2016.9.1 腎硬化症患者さんより メール

j_20160901_mail_10437

今日は、お盆も終わり暑かった夏も9月に入り少し涼しくなるかとおもいましたが、残暑厳しい毎日です。

腎臓内科の受診日でしたので検査結果を送ります。
お盆中注意はしていましたが、人の出入りもあり外食する機会も多かったです。

検査結果はあまり良い結果ではありませんでした。
腎臓内科の先生はこの程度は想定内だと慰められましたが、ちょっと残念です。

8月中ごろに係り付けの内科の先生も検査しますと言われて検査した、検査結果はもらいませんでしたが、クレアチニン2.00 BUN20と言われました。

この時はちょっと疲れ気味で体調があまりよくなく点滴をしてもらった時でした。

内臓トレーニングを始めて5年になります。何とかここまで維持できたのも、これまでのご指導とトレーニングのお陰と思っています。今後ともよろしくご指導ください。

2016.01.15 腎性硬化症患者さんよりメール

内臓トレーニングセンター御中 寒中お見舞い申し上げます。

さて、この度内臓トレーニングを実施して、2週間余り過ぎました。内蔵トレーニングを行うと血圧も5~10程下がっておるようです。薬は晩(就寝前)にプロブレス8mg(1錠)を飲んでいます。 出来るだけ、内臓トレーニングを積んで、早く薬を無くしたいと思っております。
お手数お掛けいたしますが、当方のFAXは常に転送の状態にしておりますので、先に電話を一度頂ければ、FAXに切り替えますので宜しくお願い致します。そして、3ヶ月毎に県立病院の腎臓内科へ診察を受けております。 12月の検査結果です。小さくて少し見にくいですが資料を送ります。ご覧ください。

今後、ご指導の程、宜しくお願い致します。

2015.12.24 腎硬化症患者さんより メール

今年も残すところわずかになりました。
いつも内臓トレーニング通信等いろいろご指導ありがとうございます。今日は、腎臓内科の受診をしてきました。検査結果はFAXしました。 11月から12月にかけて忘年会等外食する機会が多く心配しましたが、日常の生活は、低たんぱく食事と時間がある限りはトレーニングを続けてきました。

おかげさまで何かと現状維持で新年を迎えることができそうです。 今後ともよろしくご指導お願いします。よいお年をお迎えください。

2014.09.11 腎硬化症の患者さんより メール

8月23日の健康セミナーお世話になりました。
講演を聴いてだらけがちだった気持ちがしゃきっとしました。
今日は、腎臓内科の受診をしてきました。
クレアチニン等やや改善されていました。
結果はFAXします。
今後ともトレーニングと食事に注意して頑張ります。
前回注意されたように暑い日が続いていたので、検査前はゴルフも休み受診しました。
担当医もeGFRも数値が上がっているとのことでした。
今後ともよろしくご指導下さい。
○○

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

2013.06.04 腎硬化症患者さんより FAX

平成25年6月4日
内臓トレーニング協会 青山様

いつも的確なアドバイスを有難うございます。
5月後半に検査をした結果を報告させていただきます。
クレアチニンが少しですが下がりました。
それに伴い尿素窒素、尿酸等が下がり大変嬉しく思っています。
医師からも褒められました。
この調子で食事、水分を摂ること、通電を欠かさないこと等、留意していきたいと思っています。
低タンパク米はおいしく、昼夕といただいています。
朝は、パンが止められません。
タンパク質を摂りすぎないよう気をつけていきます。
又、アドバイス等を宜しくお願いします。

2013.04.04 腎硬化症患者さんより メール

今日腎臓内科の受診をしてきました、検査結果をFAXしました。
特に変わりないので現状を維持するようにとのことでした、血糖値が高かったようですが、食後一時間以内なのでこのくらいかなとのことでした。
内臓トレーニング通信30号有り難うございます。
今後ともよろしくご指導お願いします。
トレーニングを始めて6月で2年になります。
何とか頑張って継続しています。

2012.01.26 腎硬化症患者さんより

内臓トレーニング通信のメール有り難うございました。
今日は腎臓内科の受診をしてきました。
結果をファックスします。
今までと大きな変化はありませんが、ヘモグロビンの数値がもう少し上がればとのことでした。
貧血改善の注射をしました 皮下、筋肉内注射 ネスプ注射液40μg/1mLプラシリンジ 東京での健康セミナーに参加したいと思っています。
今後ともよろしくご指導下さい。
次回の腎臓内科の受診は3月末になります。

2011.12.22 腎硬化症患者さん

12月3日の健康セミナーの参加の予定が風邪を引いて参加できなかったこと申し訳ありませんでした。
ご指導いただいたとおり、かかり付けの内科の先生に風邪の処置をしていただき大事に至りませんでした。
風邪がよくなってから、かかり付けの内科の先生に検査をしていただきました(11月21日)、そのときの結果を連絡します。
クレアチニン1.75 BUN11 でした、前回報告した11月14日(腎臓内科の検査)の検査よりよくなっていました。
次回の腎臓内科の受診は1月26日なのでまた連絡します、ご指導よろしくお願いします。
来年10月以降に仙台で健康セミナーを計画されているようなので、そのときに参加したいと思っています。

2011.10.05 腎硬化症患者さんより メール

内臓トレーニング協会様。○○です。
1件質問です。
9月7日に静岡のトレーニングを受けてから、毎日教えていただいたことを実践しております。その後の血液検査は近々に実施しますが、血圧については毎日朝夕2回自分で測定しています。血圧が収縮期は135-120ですが拡張期血圧が95-105くらいでなかなか目標の80以下に下がりません。医師は自律神経の遮断薬を使えば下がるが、腎臓血流を保つためには使いたくなく、今の投薬で生活習慣を変えるよう指導されています。体質的な要因もあるが、しがらみを全て忘れ、温泉などでゆっくりと過ごすような期間を作りなさいと言う事でした。確かに、先月9月17日から1週間休んで趣味の領域に没頭した後には90ぐらいまで下がった日がありましたが、翌週仕事となると高止まり状態となりました。
医師の指導に半信半疑なのですが、どうでしょうか?
以上

↓↓協会からの回答↓↓

○○ 様 こんにちは、内臓トレーニング協会の江口です。
メール拝見いたしました。ご質問について、当協会のクリニック医師に見解を求めました。 現在、ご自身でも自覚されるほどの交感神経の高ぶり(血圧・脈拍など)を感じられているようですので、副交感神経を刺激して自律神経をリラックスさせるために、脊髄通電を現在実践されている時間に30~60分を追加して行うようにしましょう、とのことです 拡張期血圧は目標80までに落とす必要はないと思います。 85~90くらいでしたら現状維持で十分だとおもいます、とのことです。 以上、回答とさせていただきます。

内臓トレーニング協会 江口真悟

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
1 / 212