クレアチニン4.1以上

1 / 812345...最後 »

2017.10.4 糸球体腎炎患者さんより メール

内蔵トレーニング協会御中
(トレーニング日誌、検査結果、トレーニングまとめを添付)

拝啓
検査結果を報告いたします。
[検査結果概要]
前回(8/12)からクレアチニン、尿素窒素、eGFRが改善しました。
クレアチニン 6.7 1  –  6.46
尿素窒素   73.1  –  65.0
eGFR       5.1  –  5.3
血糖値が高いのは、検査当日朝食を摂って、採血まであまり時間間隔が無かったからかも知れません。
今回は蛋白質(特に植物性)を注意すること、水を多めに摂ることを心がけました。

2017.9.8 糖尿病性腎症患者さんより FAX

内臓トレーニング協会様

前略失礼いたします。
先日は大変丁重なお手紙を頂き厚くお礼申し上げます
さて、先日送らせて頂いた8月16日分の検査結果以降、9月5日に循環器科の検査を受けました。
その検査結果を頂きましたのでお送りします。
クレアチニンが、8月16日の時5.30でしたのが、9月5日時には5.19になり、低かったヘモグロビン等4項目が上がってきたり、高かったアミラーゼ他3項目が下がってきました。
循環器の先生からもこの調子で、頑張って下さいとのことでした。
今後も努力したいと思っています。
尚 後になりましたが、先日は粘着パットを送って頂き誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017.9.5 糖尿病性腎症患者さんより 手紙

前略失礼いたします
去る7月4日(火)に貴協会に行き望月先生方にご指導をいただきました。
あれから今日まで50日を超えました。
毎日4時間以上を目標に通電いたしました。
6月28日の検査結果ではクレアチニンが5.68で、8月16日の検査結果ではクレアチニンが5.30になり0.38下がりました。
7月5日から食事療法にも気をつけて、たん白30g以下をめざして献立を作成しております。
その為、総合的に数字も良くなったのではないかと思っております。
体験日誌と献立については抜すいしてお送りします。
今後とも頑張りたいと思っていますので、またよろしくご指導下さい。

内臓トレーニング協会
望月先生
皆様

2017.8.25 糖尿病性腎症患者さんより メール

内臓トレーニング協会 様

こんにちは。
内科に行ってきましたので血液検査の結果をご報告致します。

まず、クレアチニンが下がりました。
9月に予定していた「シャント手術」も11月へ延期となりました。
尿酸が少し上がったのは今回薬をやめてみたからだと思います。
尿酸の薬はまた再開したいと思います。
血圧も薬をやめたら高くなったので、4種類中3種類の飲用にします。
血糖値は安定してますので、糖尿病の薬はこのままやめるつもりです。
引き続き、たんぱく制限と電気治療を継続し、最後まで回避を目指したいと思います。
引き続きご指導の程、お願い致します。

2017.7.19 糖尿病性腎症患者さんより メール

こんにちは。
昨日、内科に行ってきましたので血液検査の結果をご報告致します。
先日の3連休もしっかり電気治療を行ったので、今回も全ての値が改善されました。
主治医は前回の診断で「今日の値が悪ければシャント手術」と言ってましたが、今回は値が良くなったので延期となりました。
値が悪くなったらシャント手術の話が出ると思いますので、たんぱく制限と電気治療をしっかりと行って一日でも人工透析を伸ばしたいと思います。
PS.たんぱく制限を行うと自然と食事の量が減ると思います。
その結果として血糖値も良くなっていると思うのですが、それ以外の栄養素ビタミンなどは気にしなくても良いでしょうか?
ビタミン剤は飲んだ方が良いのでしょうか。
引き続きご指導の程、お願い致します。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

2017.7.8 慢性腎不全患者さんより FAX

前回の検査では直前に同窓会で千葉に行きその時の疲れや食事内容が変わったこと等が検査に影響が出た事もあり前々回と変わらず厳しい数値でした。
今回は落ち着いて食事療法を実施し体調も良かったことなどで良い結果が出ることを期待していました。
検査の結果はクレアチニンが0.32改善、その他アルブミン・総蛋白が、又赤血球・ヘモグロビン・ヘマトクリット等々特に気になっていた項目が全て改善されました。
今回良かったことの要因は、先ず体調が良く血圧も120台安定、悪くなる要因が無かったこと、又食事療法の設定した数値が適切であった事(蛋白摂取量一日当たり24g、カロリー摂取量24点、1,920kcal)、更には内臓トレーニングについて生活に余裕が出来る範囲内に時間を短縮したことなどが考えられます。

2017.7.6 糖尿病性腎症患者さんより FAX

長久手市の〇〇です。

お久しぶりのお便りです。
2017/6/20の(治療開始約100日経過)血液検査の結果を報告をします。
別紙にて送付します。
私なりに見ますと数値が良くなっているとみていますが病院医師には低周波治療の事は一切話をしておりません。
医師に数値が少し下がってきているのは誤差の範疇でしょうか?と尋ねました
医師からは誤差の範疇と返事があり 私は 黙認しました。
次回の血液検査はさらに数値が改善されることを願って従来どうり治療を継続していこうと思います。
何かアドバイスがあればご指導下さい。

2017.7.1 腎臓病患者さんより メール

いつもお世話になっております。
最初に2017年6月29日検査結果ですが クレアチニン4.81(5月18日)→4.23となり2年ぶりに大幅に改善できました。
嬉しい限りです。
次に尿素窒素ですが、46.9(5月18日)→47.7となり若干悪化してしまいました。
毎日食事日誌を項目だけですが記入していますが原因と考えられるのはかぼちゃとジャガイモを連日50グラムぐらいとっていました。
これが主因がと思います。
小生の食事日誌を見ながら、他に考えられる原因があればお知らせ下さい。
他に血糖値が113(5・18)→117と悪化しました。
そこで質問ですが以前 尿素窒素や血糖値は直前の食事に影響されると記憶していますが正しければ検査のどのくらい前から気をつければ良いのでしょうか?
のちほど検査結果表と体験日誌faxで送ります。
アドバイスよろしくお願いします。

2017.6.8 慢性腎不全患者さんより メール

内臓トレーニングを始めて2週間、お陰様でクレアチニンの数値と、尿酸窒素の数値がさがりました。
1日足裏1時間・太もも1時間半・脊髄1時間半の計4時間は必ず実行しております。
腎臓と肝臓の背中の部位については今のところおこなっていませんが、必ず実施した方が良いのですか!
また、それ以上にカリウムの値が正常になりました。
これは何年ぶりのことか分らない程久しぶりなことで驚いております。
食事療法の効き目もあったと思います。
腎臓の先生からはシャント手術を勧められたので来月にも準備に入ろうと思いますが、内臓トレーニングと食事療法で人工透析をしなくて済むように頑張りたいと思います。

2017.6.7 糖尿病性腎症患者さんより FAX

内臓トレーニングを始めて3ヶ月中間が過ぎ本日の検査結果について送信させていただきます。
クレアチニンの数値が5.01から4.76と下がりました。
尿素窒素55.6から42.1と、血圧164から140と変化見られました。
カリウムですが食事に気おつけていますが高く薬が増えてしまいました。
まだ他の数値も高く、まだまだ毎日がんばってみようと思います。
今後ともアドバイスよろしくお願いします。
検査結果と体験日記を送信させていただきますが、このやり方を続けていけばよいのかが教えていただきたいです。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
1 / 812345...最後 »
内臓トレーニングってなに? 健康教室に参加してみよう 腎臓病セミナーを開催しています。
内臓トレーニング通信無料ダウンロード内臓トレーニングDVDプレゼント