医師の反応

担当医師が、突然数値が改善されていて首をかしげていたそうです

内臓トレーニング協会 御中

お世話になっております。
トレーニングを開始してから、初めての血液検査がありましたので、結果票を送付致します。
毎日のトレーニング、食事療法をがんばった甲斐がありました。
担当医師が、突然数値が改善されていて首をかしげていたそうです。
引き続き気を抜かずに、トレーニングを含めた生活習慣に気を配っていきます。
今後ともよろしくお願い致します。

2019.4.11 腎臓病患者さんよりFAX

クレアチニンが1.47まで下がった

千村様

何時もの様に、ご丁寧な指導に感謝申し上げます。
4/9の値は1.61と悪くなっていますが、3/29の循環器内科の値は1.50と良いので3/15のデータはマンザラ間違いと言うより、偶々良かった、乃至はBUNが改善方向に変化があり、CREが1.47まで下がったと考えます。
BUNが良くなった原因は分かりません。
前回頂いたコメントで「6時間、7時間という実践時間が、少し○○さんの体力以上になっていたのかもしれませんね。」とのご意見があり、少し時間を減らして見ようかと思います。
○○の主治医はeGFRの変化を見て、FSは続ける様にと励まされました。
千村さんのご支援の賜物と重ね重ね感謝御礼申し上げます。

2019.4.11 腎臓病患者さんよりメール

担当の先生から「よく、ここまで腎臓の数値が回復しましたねえ。」と、驚かれました。

お世話になります。

昨日、フットスキッパーは修理から戻ってきました。

主人は、「やっぱり、自分のがいいなあ。」と喜んでおります。

14日に、胃カメラと大腸の再検査の結果を聞きに行ってきました。

ポリープやガン所見はなしとのことですが、大腸に少し、擦り傷様なものと、わずかな爛れが見られました。

腫瘍の担当の先生からは、「よく、ここまで腎臓の数値が回復しましたねえ。」と、驚かれました。

今まで続けてきたウォーキングに加え、17日からフィットネスを再開し、軽く筋トレを始めました。

なかなか引かなかった浮腫みも、ふくらはぎはすっかり引き、足首にやや残すのみとなりました。

2019.3.18 腎臓病患者さんのご家族よりメール

「シャンテ手術」をする事になり12月4日に入院し実施する事になりました。

内臓トレーニング協会様
近郊の紅葉の季節も終盤になり、寒くなってきましたが皆様にはお変わりなくご精励のことと思います。
何時もご指導賜り厚くお礼を申し上げます。
早速ですが今月の検査結果は添付図書のとおりです。
自分では努力している積りですが残念ながら一番の「CRE値」が下がらなく無念です。
先月より0.2UPした。
BUNは少しでも下がり、RBCも相当にUPし喜んだのですが残念ながら医者と「シャンテ手術」の件でもっと延期を主張したのですが、そんな思いであるならばとばかりの、悪い事ばかり主張し「ある日突然に命が尽きる、透析もできず相当に苦しむことは必至、対応策もできなくなる等・・・
医者として強く推奨し実施するとの事
結論として「シャンテ手術」をする事になり12月4日に入院し実施する事になりました。
シャンテ手術しても透析作業は直ぐにしないことを言いました。(協会様の説明通り)
*シャンテ手術して片手が使えなくなると寂しく、泣くやら、夜も寝れなくなりましたが一週間たちようやくあきらめの境地です。
*内臓トレーニングとご指導を頼りに努力していることで、この程度でとどまっているのではと妻の励ましもあり継続して頑張ります。
妻の食事つくりにも感謝しています。
*どうか協会の皆様にも今後ともよろしくご指導のほどお願いします。
皆様のご健康をお祈り申し上げます。
添付;検査結果と体験日誌

2018.11.23 腎臓病患者さんよりメール

PSAも問題ないし、クレアチニンも下がったしと先生も喜んで下さった

内臓トレーニング協会
坂本様
前略、
暑い日が続きます お元気ですか?
今年も、この暑さは異常です 正直、体力的に、もう限界です
外出は極力避けていますが、たまに買い物などで出掛ける時、気分が悪くなることがあります 水分補給には充分、気を付けているのですが、、、
さて、先月七月の血液検査報告書をFAX送信いたします

7月12日 ○○○病院 <検査詳細情報>
前立腺癌 放射線治療後のPSAの値チェックの為、3ヶ月に一度の定期健診
最近、PSA値の他にクレアチニン、尿素窒素もついでに調べてもらっています
今回、結果を聞きに診察室に入って直ぐに ○○先生に<最近、何か変わったこと、ありましたか?> と言われ、<いえ、別に、、いつもと変わりありません>と返事すると<クレアチニンの数値が1.35、かなり下がっている>と、表を渡された
過去の数値をよくご存知の先生は、それで何か変わったことが、、、と聞かれたのだと、、、

素直に 1.35 の数値には内心びっくりしました 前回の1.51で満足していたので、、、
で、<検査ミスでは?> と言うと先生 <そう言われたら、何とも、此方としては言いようがないが、数値に間違いは無いと思うよ、、>と。
PSAも問題ないし、クレアチニンも下がったしと先生も喜んで下さった

2018.8.27 慢性腎炎・糸球体腎炎の患者さんからのメール

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

何とか少しでも数値を改善していきたいです。

j_20180614_mail_53466

いつもお世話になります。
今月は特に新たな指摘はありませんでした。
毎月検診時には、これまで何十年もよく保ったなあ、と先生の言葉です。
何とか少しでも数値を改善していきたいものです。
よろしくご指導願います。

2018.6.14 腎臓病患者さんよりメール

少しでも遅らせる事が出来るように頑張っていきたいと思います。

先日はお世話になりまして有難う御座いました。
26日の月に1度の定期診断で、望月先生の言われていた懸念を身をもって
知ることになりました。
先日の体験翌日が診察日になっており、血液検査の結果をもとに
身体の状態の説明を受けるのですが、体験翌日の受診ということもあって、
その結果CKの値が前月の2倍以上になっており、少しむくみがあるとの
判断をされて処方箋で尿排泄を促し、むくみを改善する薬剤のプロセミドが
倍の量に処方され、前月予告されていた通り透析室に案内され透析の様子を
見学し、患者さんとも少しお話させて頂き凡その状況は理解できましたが、
同時に大きな疑問を持つことになってしまいました。
それは私が「イザ透析となった折は私が家内をこの病院まで連れて来て、
終わる頃に迎えに来るようになるのですか?」と尋ねましたら、
担当医は「イエ当院は透析される方は入院患者さんの透析が殆どで、
外来の患者さんに対応できるスタッフが少なくベッドも外来用が1つしかなく、
近隣に専門の施設があちこちに在りますので、
そういった施設を紹介しています」との事、
「えっ、透析になっても先生が係わってくれるものと思っていたのに、
それだったら透析になって施設に行ってしまえば担当医とは縁切りになり、
もう知らん顔か?2年もかけて透析への筋書きを書かれていたのか?」
と言いたくなる気になりました。
それなら、遅まきながら何とか透析しなくて済むように、
又、透析に至るとしても少しでも遅らせる事が出来るように出来る限り
食の管理と購入した器具で頑張って行きたいと思いますので
宜しくご指導お願い申し上げます。
取り急ぎ血液検査の結果の報告をさせて頂きますと共に、
愚痴を述べさせて頂きました。

2018.4.29 糖尿病性腎症患者さんよりFAX

5.5あったクレアチニン値が施術いただいた翌日の検査では4.3に下がっていて担当の先生もビックリしていました。

内臓トレーニング協会 御中

先月お伺いさせていただいた翌日25日の検査と11月13日の検査結果をお送りいたします。
フットフキッパーは毎日使用しておりますが仕事の都合上時間が足らず
平日は朝晩のふくらはぎと足裏通電のみで休日にいただいたスケジュール
に出来るだけ沿った形でやっています。
食事も低たんぱく食を取るようにし、タンパク質を1日30g以内にしています。
伺う前に5.5あったクレアチニン値が施術いただいた翌日の検査では4.3に
そして先日の検査では2.8まで下がっていて担当の先生もビックリしていました。
検査結果を再度見直すということで検査表には速報値とありますが
おそらくそれほどの誤差はないだろうといわれました。
年内には透析開始と言われていたのがウソのように体調も良くなりました。
次回12月4日の検査結果を見てみないとわかりませんが
この数値が維持できるよう続けていきたいと思います。

2017.11.16 慢性腎不全患者さんよりメール

現在特に体調の不順は覚えず、日々、軽い運動を続けています。

拝啓 立秋も過ぎ、読んで字の如く、木枯らしに木の葉の飛び交う頃となりましたが、
先生をはじめ、貴クリニックの皆様方には、益々ご健勝のことと存じます。
私は、去る11月7日、腎臓病の検査のために病院へ行って来ました。
今回は、主治医より、「クレアチニンが5.5、BUNも8台、カリウム値も落ち着き
体重にも変化が無いので、今の調子で頑張って欲しい。」との話がありました。
また、私自身も、現在特に体調の不順は覚えず、日々、軽い運動を続けております。
尚、夏の成人病健診時に、胃の検査をしなかったため、9日、カメラによる胃の検査を受けましたが、「小さいポリープ1つあるものの全く問題は無い。」との診断があったこと、申しそえます。
ご高診、宜しくお願い申し上げます。
向寒の折、ご自愛専一にお祈り申し上げます。
敬具

2017.11.14 慢性腎不全患者さんより手紙

クレアチニンはなんとか踏みとどまっています。

11月8日に検査がありましたので奉告します。
          8月2日    8月31日    9月27日    11月8日
 総タンパク    7.1      7.2       7.5      7.6
 尿素窒素     49       50       53       38
 カリウム     4.6      5.4       4.9      5.4
 クレアチニン   7.01      7.52      7.97      7.62
 尿酸       5.5      6.2       6.1      5.6
 血糖       122      83       129      93
 ヘモグロビン   9.1      10.0      9.7      10.3
 ヘマトクリット  27.2      31.7       29.3      30.9
 尿タンパク     ±     検査なし     ±       ±
クレアチニンはなんとか踏みとどまっています。
カリウムが再びオーバーしました。果物の食べ過ぎでしょうか。
尿素窒素が38と著しく改善しました。
先生は透析を考える時期に来ているがもう少し頑張ってみましょうとの見解です。
次回の検査は12月27日です。

2017.11.10 慢性腎臓病患者さんよりメール

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?