医師の反応

1 / 812345...最後 »

2017.11.16 慢性腎不全患者さんよりメール

内臓トレーニング協会 御中

先月お伺いさせていただいた翌日25日の検査と11月13日の検査結果をお送りいたします。
フットフキッパーは毎日使用しておりますが仕事の都合上時間が足らず
平日は朝晩のふくらはぎと足裏通電のみで休日にいただいたスケジュール
に出来るだけ沿った形でやっています。
食事も低たんぱく食を取るようにし、タンパク質を1日30g以内にしています。
伺う前に5.5あったクレアチニン値が施術いただいた翌日の検査では4.3に
そして先日の検査では2.8まで下がっていて担当の先生もビックリしていました。
検査結果を再度見直すということで検査表には速報値とありますが
おそらくそれほどの誤差はないだろうといわれました。
年内には透析開始と言われていたのがウソのように体調も良くなりました。
次回12月4日の検査結果を見てみないとわかりませんが
この数値が維持できるよう続けていきたいと思います。

2017.11.14 慢性腎不全患者さんより手紙

拝啓 立秋も過ぎ、読んで字の如く、木枯らしに木の葉の飛び交う頃となりましたが、
先生をはじめ、貴クリニックの皆様方には、益々ご健勝のことと存じます。
私は、去る11月7日、腎臓病の検査のために病院へ行って来ました。
今回は、主治医より、「クレアチニンが5.5、BUNも8台、カリウム値も落ち着き
体重にも変化が無いので、今の調子で頑張って欲しい。」との話がありました。
また、私自身も、現在特に体調の不順は覚えず、日々、軽い運動を続けております。
尚、夏の成人病健診時に、胃の検査をしなかったため、9日、カメラによる胃の検査を受けましたが、「小さいポリープ1つあるものの全く問題は無い。」との診断があったこと、申しそえます。
ご高診、宜しくお願い申し上げます。
向寒の折、ご自愛専一にお祈り申し上げます。
敬具

2017.11.10 慢性腎臓病患者さんよりメール

11月8日に検査がありましたので奉告します。
          8月2日    8月31日    9月27日    11月8日
 総タンパク    7.1      7.2       7.5      7.6
 尿素窒素     49       50       53       38
 カリウム     4.6      5.4       4.9      5.4
 クレアチニン   7.01      7.52      7.97      7.62
 尿酸       5.5      6.2       6.1      5.6
 血糖       122      83       129      93
 ヘモグロビン   9.1      10.0      9.7      10.3
 ヘマトクリット  27.2      31.7       29.3      30.9
 尿タンパク     ±     検査なし     ±       ±
クレアチニンはなんとか踏みとどまっています。
カリウムが再びオーバーしました。果物の食べ過ぎでしょうか。
尿素窒素が38と著しく改善しました。
先生は透析を考える時期に来ているがもう少し頑張ってみましょうとの見解です。
次回の検査は12月27日です。

2017.11.7 慢性腎盂炎患者さんよりメール

社団法人 内蔵トレーニング協会 様
トレーニング協会の皆様、お元気にお過ごしですか?
いつもお世話になっています。
体験日誌と血液検査,他を送信致しました。
宜しくお願い致します。
主治医の先生が、血液検査表を見て全てにおいて改善しつつあります。
何も心配有りません、たんぱく質も余り神経質にならなくてもいいですので、
この状態を維持できれば良いかと思います。
軽い運動(ウオーキング)もした方が良いですよと言われていました。
ナトリウムの数値も上がって来ています。
甲状腺も前回FT4(0.98)の数値が低く、TSH(13.6)の数値が高く出ていましたが、
今回の検査ではFT4(1.32),TSH(4,03)とどちらも数値が正常に戻っています。
クレアチニンも前回よりも少しだけですが、良くなっています。
これも内臓トレーニングのお陰かと思います。
これからもトレニングを頑張っていきたいと思いますのでサポート宜しくお願いします。

2017.11.6 Iga腎症患者さんよりメール

こんにちは。○○県○○市の○○です。
いつも有難うございます。
先日受けた血液検査で、2.27まで上がっていたクレアチニンの値が1.49に下がりました。
担当の先生も驚いていました。
私の場合、良いときと、悪いときが交互に来るのでまだもう少し様子をみないと分かりませんが、これまで値の下がったことはありませんでした。
これを励みに、もっと頑張ってみます。
ありがとうございました。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

2017.10.27 腎臓病患者さんよりメール

検査データが揃いましたので、添付します。
クレアチニンが少し上がっていますが、貧血改善限界の1.62以下ですから予想通り、貧血は改善しており、弱電流にしたにも拘らず時間延長も相まって、マアマア良い結果だったと思います。
ご指導有難うございました。
腎内科の主治医は腎の血液検査の結果が非常に良いのに驚いていました。
「内臓トレーニング」も従来通り続けて下さいとの由。
疑いつつも結果が良いので、認めて頂きました。

2017.10.25 慢性腎炎患者さんよりメール

お世話になります。
○○です。
今日は○○医大にいってきましたので結果添付します。
前回からさらに下がって1.76です。
先生は何が起こったんだって感じでした。
前回から1週間ですがベザトールを断薬しました。
まだ数値が高いので違う薬に変えてもらいます。

2017.10.9 腎臓病患者さんより FAX

協会の皆様 坂本様

ご無沙汰しております。
○○です。
父の最近の様子をお知らせします。
6月の採血でクレアチニン2.60…
その時点で私のやる気が全くなくなりました。
何をやっても無駄だと。
貧血も相変わらずだし、おまけに一生懸命食事を作っても尿素窒素やカリウムまで一気に上昇…。
いっそ、すべてやめてしまおうか…とも思いました。
でずが、父を見殺しにもできず、かと言ってこれ以上、もうどうする事もできません。
主治医からは「お父さん、これから透析どうする?もうしなくても良いよね?無しで行くよね?」と当然死ぬまで自然に…という感じで言って来ました。
そう言われてしまうと、そうしないといけないのかな…と落胆の思いです。
私としては「姉もいますし、私一人の意向では決められませんし、姉は透析してもらってと言うと思います」とだけ返事をしておきました。
実際、今現在父は高齢ながら、自分で立てて身の回りの事もできます。
頭もハッキリしており、腎臓は悪く、持病だらけではあっても、人なみに生きています。
これが痴呆症であったり、寝た切りならば、自然に死を待つのも一つかも知れませんが、私には今そんな風に思えないんです。
確かに一人年間500万円の透析費用は国家の負担が大きいです。
でもだからと言って何もできないのは辛いです、悲しいです。
だから、せめて腹膜透析だけでもしてあげたいと考えています。
(負担はほとんど変わりませんが…)
管理は私がするつもりでいる、と主治医には伝えておきました。
9日は二度採血しましたが、9/20分は少し改善みられています。
貧血は去年9月にHb8.0台だった以降一年ぶりにHb8.0台になりました。
クレアチニン2.07になりeGFRは24.7と改善しています。
それなのに先週末から又、足がむくみ始めました。
トレーニングはマイペースでやっています。
あくまでマイペースなので効果的ないと思います。
しかし、やらないよりははるかにましだと思ってます。
高齢の父にガミガミ言っても精神的に負担となっては逆効果だと思いますので。
私が腹膜透析を考えているが、そうなるまで、まだもう少し時間があるんじゃないかと思ってます、と言うと、主治医は「そうやね。また別のイベントが起こるかも知れないしね。」とあくまで悲観的です…(苦笑)
他のリスクは重々承知しています。
いろんな所が悪いので。
だけど、先生には、「こんなに長生きできるなんて全く思ってなかった」と言わせてみたいです。
父一人が国のお荷物みたいな言われ方されたら、正直悔しいですし…。
某元キャスターが「透析費用自費で払えないヤツは早く死ね」という意味のブログを書いて炎上していましたが…
坂本様もそう思われますか?
友人が透析室で働いていて、わがままな患者に、「誰のおかげで生きてると思ってる?国のお荷物のクセに偉そうにするな!と言ってやった!」と以前私に言った事があって…
医療にかかわっている人はみんなそんな風に思うんですかね、一般的には…
しかし、自分の肉親となると、やはり、少しでも元気で長生きして欲しいと思うんじゃないのですか?
私がおかしいんでしょうか…。
むくみに関しては少し塩分を取りすぎ(休日に)たのと、寒くなって来た事もあると思いますが、心配です。
利尿剤投与中ですが、かなりゆるい物なので、仕方ないかも知れません。
強くしないで現状維持で良いかと思うのですが、どうでしょうか。
またアドバイス頂けたらと思います。
長々と失礼しました。
みなさん、お体に気をつけて。

2017.10.6 糖尿病性腎症患者さんより メール

内臓トレーニング協会 殿

大変お世話になっています。
9月末にフットスキッパーの手配ありがとうございました。
10月初めよりDVDおよび,説明書を参考にトレーニングに取り組み始めました。
今日(10/6)は定期的な高松赤十字病院・腎臓内科の受診に行ってきました。
ここは受診前に、血液検査を実施し、それを見ながら診察して頂いております。
担当Drはいつも開口一番、「良いことと悪いことがあります」と言われます。
(患者に不安ばかり与えないとする気配りと感じています)
しかし、今日の良い話には目が点になりました。
Cre が改善できているとの事でした。

先月 2.4  ⇒  今日 1.99  とのことでした。

これには大変びっくりしました。
Dr も驚かれていました。
今まで、腎臓病は悪化のスピードを遅くすることはできても、改善するとの説明は一切受けていませんでした。

まさに、  My dream have come true.  です。

これも始めたばかりのトレーニングのおかげと、家内ともども大変喜んでいます。
本当にありがとうございます。
取り急ぎお礼申し上げると共にデータを添付します。
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
(慌ててメールしますので、ミスがあるかもしれませんが)

2017.9.6 慢性腎炎患者さんより メール

浜松市の〇〇です。
今月の検査結果が出ましたのでご報告します。
(別紙添付しますので、お暇がある時にでもコメントください。)
先生からは、
「非常に良く管理ができている。
特にHbが回復し腎性貧血の心配が少し遠のいたことは今後の経過にとって明るい材料だ。
一喜一憂は良くないが、eGFRが回復することは励みでしょう。」
とのコメントを頂きました。
昨冬のクレアチニンの急な上昇で、来年の正月は無事に迎えられそうもないと落ち込んでいましたが、おかげ様で急上昇前の水準まで戻すことができました。
ポンコツの腎臓ですが何とか一生使えるように大切にしていこうと思っています。
これからもよろしくお願いします。

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
1 / 812345...最後 »
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?