カリウム

毎日スキッパーでトレーニングを4時間から4時間半実施し、尿酸8.9→3.3、 尿素窒素25.6→18.2、クレアチニン1.36→1.21、ナトリウム144→141、カリウム4.6→4.4、クロール107→105 になりました。

坂本 浩美様 何時もいろいろ感謝いたしております。 お元気でいらっしゃいますか。 この10月8日に血液検査をうけました。 結果をご報告申し上げます。 尿酸値前回の8.9から(3.3)へ。 尿素窒素25.6から(18.2)。 クレアチニン1.36から(1.21)。 ナトリウム144から(141)。 カリウム4.6から(4.4)。 クロール107から(105)。 となりました。 よろしくお願い申しあげます。 毎日スキッパーで4時間から4時間半実施いたしておりますが、10月20日の今日まで573回となりました。 ずいぶん長い間と改めて感謝申し上げる次第です。 これからもどうぞよろしくお願い申し上げたいばかりです。

2013.10.20 腎臓病患者さんより メール

一日平均は4時間10分、トレーニングを実践し、はじめてクレアチニン値が2.02を記録しました。

平成25年10月6日(日) 内臓トレーニング協会様 廣岡 孝 先生 望月 みや子 先生 坂本 浩美 先生 9月度のデータをご報告いたします。 今月のクレアチニン値は2.02でした。 クレアチニン値が2.02を記録したのは初めてです。 あと一息で夢にまで見た2.0を切りそうですが、今までの経験ではいつも夢に終わっています。 10月度はなんとか1.99を出したいです。 9月度の通電合計時間は124時間、一日平均は4時間10分でした。 今月の検査データは、赤血球数、血色数、ヘマトクリット値が基準値を下回りました。 尿酸値が5.8で正常値に入りましたが、尿素窒素が23.8で残念な値となりました。 カリウム値も基準値に入りました。 10月は過ごしやすい気温が続いています。 通電時間を減らさないように頑張りたいとおもいます。 今後ともよろしくお願い致します。 皆様のご健康とご活躍をお祈り致しております。 ○○

2013.10.06 腎臓病患者さんより FAX

トレーニングや食事管理を続け、クリアチニン値3.88・ 尿素窒素46.4・カリウム値5.0と下がりました。

坂本様 いつもお世話になっております。 先日(8月23日)、○○病院へ検査・診察にいきました。 クリアチニン値については、3.88と下がっています。 尿素窒素は46.4。 カリウム値は、5.0と下がりました。 尿酸値はぎりぎり正常値内です。 7.0です。 検査結果抜粋、体験日誌を添付いたします。 主治医からは、現在の闘病模様、生活内容を続けていくようにとのご指導です。 ○○

2013.08.26 腎臓病患者さんより メール

検査数値がクレアチニン値4.02→3.99、 尿素窒素47.0→46.4、カリウム値5.8→5.2、尿酸値 6.1→5.6に下がり、内臓トレーニングの励みになっています。

坂本様 いつもお世話になっております。 本日(6月19日)、○○病院へ検査・診察にいきました。 クレアチニン値が今回さらに下がり、4を切りました。 4.02→3.99。 尿素窒素も下がっています。 47.0→46.4。 カリウム値も、今回下がりました。 5.8→5.2です。 尿酸値も下がっています。 6.1→5.6。 40歳ころ痛風にかかり、ずーっと薬を飲んでいましたがこんなに数値がさがったのは発病以来です。 検査結果抜粋、体験日誌を添付いたします。 体重は、今年の1月時点で64㎏ありましたが、食事を控えている成果と思いますが、徐々に下がり4月にウエストも細くなり(85cm→78cm)、ベルトは切り詰め調整、スラックスは全部買い替えです。 (しかし体型スッキリで嬉しいですね) 主治医からは、現在の闘病模様、生活内容を続けていくようにとのご指導です。 この1ヶ月間、友人との飲み会と法事が各1回ありましたが、ビール・お酒は控えて焼酎を飲みました。 自宅では週に3回程度、ウイスキーを水割りで1杯飲む程度です。 検査数値が良くなると内臓トレーニングも励みになります。 質問です。 あおむけに寝ながらの「ふくらはぎ通電」の際、枕を使用していますが、このような体勢で良いのでしょうか。 また、この時TVをみたり読書もしていますが、このやり方でよろしいかお尋ねいたします。 ○○

2013.06.19 腎臓病患者さんより メール

トレーニングと食事管理を頑張り、検査結果はクレアチニンは減少、カリウムも基準値内でしたが、キツイたんぱく制限は自己調節しています。

いつもお世話になりありがとうございます。

本日、6月度の検査に病院へ行って参りました。クレアチニンは微量ですが減少。 気になっていたカリウムも基準値内におさまりました。 他の数値も突出して悪い数値ではなく一安心と言ったところでしょうか。 今までは厳し過ぎる位食事(タンパク)管理しておりましたが、どの程度数値が変化するのかも興味があった為、実はこの1ヶ月、食事管理を緩めてみました。
結果は上記の通りほぼ横這い。 (全体的には改善されているようですが。) この1ヶ月の食事管理を今後続けて良いものやら、元の厳しい管理に戻すべきなのか。来月の数値をみて判断しようかと考えております。

今後共よろしくお願い申し上げます。

2013.06.12 糖尿病性腎症患者さんより メール

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

毎日内臓トレーニングや食事療法を行い70日程度で、目に見えて効果が出て、励みにもなっています。

先日の内臓トレーニングクリニック診察受診の際は、懇切丁寧にご指導いただき、また、帰りには駅まで送っていただきありがとうございました。 帰ってから、しばらく筋肉痛がありましたが、毎日、内臓トレーニングや食事療法に励んでいます。 おかげさまで、5月1日の血液検査(別途ファックスで送付)では、クレアチニン、カリウム、尿素窒素などの数値も減少しました。 特にHbA1c(NGSP)が基準範囲内になったことに、糖尿病主治医の先生も、主治医となった2007年以来初めてだとびっくりしていました。 また、食事療法開始と同じ時期(平成13年2月1日)に服用を開始したクレメジンについては、先生にも了解をいただいて、5月2日から服用を中止しました。 トレーニング開始70日程度で、こんなに目に見えて効果が出てくれば励みにもなって、もっと改善するよう頑張りたいと思っています。 これからもご指導宜しくお願いいたします。 ところで、質問ですが、トレーニング開始のころ、協会(坂本様)から血液検査の参考となる17項目の中にアルブミンという項目があり、これについても毎回報告しているのですが、この数値が、また基準範囲より下がっています。 アルブミンはなにをみる数値でしょうか。 改善するには何をすればいいのでしょうか。

2013.05.08 糖尿病性腎症患者さんより メール

通電時間は一日平均で3時間46分行い、赤血球数とヘマトクリット値が始めて正常値、尿素窒素、カリウム、血清鉄値も正常値に入りました。

内臓トレーニング協会様 廣岡 孝 先生 望月 みや子 先生 坂本 浩美 先生 3月度のデータをご報告致いたします。 今月は食餌が少し不規則になった分、不安もあって少しずつ通電パット時間を増加しましたらクレアチニン値が減っていました。 ちょっと安心しました。 3月度の通電時間の合計が117時間、一日平均で3時間46分でした。 その他にもうれしいニュースがあります。 「私の貧血は先天的だから治りませんよ」と言って病院長に逆らっていたのですが、今月の検査データでは赤血球数とヘマトクリット値が、産まれて始めて正常値になりました。 血色素量もLですが極めて正常値の下限に近づきました。 これは大変な驚きです。 その他、尿素窒素、カリウム、血清鉄値も正常値に入りました。 これは自分でも信じられない出来事です。 望月先生にも、いつも励ましてくださる坂本浩美さんにも一番に知らせたかったです。 これからも、末永くご指導ください。 皆様のご健康とご活躍をお祈り致しております。

2013.04.09 腎臓病患者さんより FAX

食事療法が非常に難しく苦戦していますが継続して低周波治療と食事療法を実行しようと思います。

おはようございます。 昨日○○私立病院診察を受けてきました(採血・蓄尿–3月18日) 3月8日御社の指導を受けて約9日間低周波治療を行いました。 期間も短かったので数字は好転しませんでしたがクレアチニンが50日前の1月31日5.1が今回3月18日の採血結果ではCRE5.2 BUN44が46と数字はほとんど上がっておらずまずは一安心いたしました。 糖のA1Cは7.1から5.7へKカリウムは5.5から5.1に各々下がりこの点は良かったです。 主治医からは次は5月9日(50日後)の診察の予約となりました。 これからの50日間も継続して低周波治療と食事療法を実行しようと家内とも話しをしております。 食事療法が非常に難しく苦戦する毎日です。 今朝の血圧は114/85 体重は64.8(服を着たままで昨日私立病院では、68.4kg)、浮腫みは現在ほとんど有りません。 以上 ○○

2013.03.22 腎臓病患者さんより メール

ひと月の通電時間が99時間、一日平均が3時間32分行い、クレアチニン2.23・尿素窒素23.6になり先月よりも良くなりました

平成25年3月9日(土) 内臓トレーニング協会様 廣岡 孝 先生 望月 みや子 先生 坂本 浩美 先生 2月度のデータをご報告いたします。 今月のクレアチニン値は2.23でした。 2月度は「ふくらはぎ通電」が少なめで大分心配していましたが、思ったより数値が低かったので、ほっとしています。 今月は気分が少し爽やかです。 2月の合計通電時間が99時間、一日平均が3時間32分でした。 2月の血液生化学検査データは、クレアチニンが2.23で、尿素窒素23.6で大分先月よりも良かったです。 赤血球402万と大分正常値に近づきました。 K値と血清鉄が正常になったことは大変嬉しい事でした。 フットスキッパーを追加で購入した割には、充分な活用ができていません。 初春の風とスギの花粉症が1週間前から急に増えました。 多忙が、クレアチニン値上昇の言い訳にならないように、食事の管理に気をつけたいと思っています。 皆様のご健康とご活躍をお祈り致しております。

2013.03.09 腎臓病患者さんより メール

内臓トレーニング・食事療法・ウォーキングを行いクレアチニンが少し下がりましたが、筋肉量の減少が少し気になります。

毎度お世話になっています。

18日、定期検査に行ってまいりました。クレアチニンが少し下がりました。
昨年内臓トレーニングを始める前に検査した数値までになりました。カリウムは一昨年の10月の数値まで下がりました。食事療法も今のレベルで続けて良いとの事です。タンパク、カリウムとカロリーの関係はバランス良く摂るのは難しいですが、ストレスを感じないで出来ているのはうれしい限りです。ただ、25年程前から定期的にしていまして、時々筋肉量等の測定をして筋内バランスが良い状態で来ていましたのですが、この数か月はウォーキング中心ですので上腕や胸部の筋肉量が減少しているのがちょっと気になっています。何か良い運動方法はあるのでしようか?

↓協会からの返信↓
○○様 内臓トレーニング協会の坂本です。
検査結果を拝見いたしました。1月末から通電時聞を追加されたことが数値の変化に出ているようで良かったですね。尿酸値が前回の検査値より少し高くなっていますので尿量が減らないように、こまめに水分を取るように気をつけてみてください。腎臓病の食事療法を行うと、ある程度、体重や筋肉量が減ってしまいますので、気にされる方は多いのですが、筋肉をつけるためには、筋肉痛が出るような運動をしないといけませんのでクレアチニン(筋肉運動をすることで出る老廃物)が余分に出てしまうことにもなりますのでお勧めはしておりません。筋肉や筋を伸ばすストレッチは、血流改善にも効果約なので背中が丸くならないように胸を開いたり、肩から首筋を伸ばすような運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

2013.02.20 腎不全患者さんより FAX

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
内臓トレーニングってなに? 健康教室に参加してみよう 腎臓病セミナーを開催しています。
内臓トレーニング通信無料ダウンロード内臓トレーニングDVDプレゼント