腎臓病治療

講習を受けてから、毎日内臓トレーニングを実践していますが、体質的な要因なのか血圧がなかなか下がらず心配です。

内臓トレーニング協会様。○○です。
1件質問です。
9月7日に静岡のトレーニングを受けてから、毎日教えていただいたことを実践しております。その後の血液検査は近々に実施しますが、血圧については毎日朝夕2回自分で測定しています。血圧が収縮期は135-120ですが拡張期血圧が95-105くらいでなかなか目標の80以下に下がりません。医師は自律神経の遮断薬を使えば下がるが、腎臓血流を保つためには使いたくなく、今の投薬で生活習慣を変えるよう指導されています。体質的な要因もあるが、しがらみを全て忘れ、温泉などでゆっくりと過ごすような期間を作りなさいと言う事でした。確かに、先月9月17日から1週間休んで趣味の領域に没頭した後には90ぐらいまで下がった日がありましたが、翌週仕事となると高止まり状態となりました。
医師の指導に半信半疑なのですが、どうでしょうか?
以上

2011.10.05 腎硬化症患者さんより メール

↓↓協会からの回答↓↓

○○ 様 こんにちは、内臓トレーニング協会の江口です。
メール拝見いたしました。ご質問について、当協会のクリニック医師に見解を求めました。 現在、ご自身でも自覚されるほどの交感神経の高ぶり(血圧・脈拍など)を感じられているようですので、副交感神経を刺激して自律神経をリラックスさせるために、脊髄通電を現在実践されている時間に30~60分を追加して行うようにしましょう、とのことです 拡張期血圧は目標80までに落とす必要はないと思います。 85~90くらいでしたら現状維持で十分だとおもいます、とのことです。 以上、回答とさせていただきます。

内臓トレーニング協会 江口真悟

2度目のセミナーに参加し、日々のトレーニングに対して気持ち新たになりました。

メールありがとうございました。
健康セミナーに参加させていただき大変感謝いたしております。
2009年の6月にトレーニングを開始しましたが、体調が不調であったことと、家庭の事情も有り満足なトレーニングはできませんでした。今回2度目のセミナー参加で気持ちを新たにしているところです。
トレーニング開始当時のクレアチニンは4.5でした 直近の数値はクレアチニン5.35尿素窒素32.2カリュウム5.0です。 体験日誌を記録し送信したいと思いますので、ご指導のほどよろしくお願い致します。

2011.10.01 腎臓病患者さんより メール

内蔵トレーニングを頑張り体調がいいのに、血圧が高いためかクレアチニンなど数値が下がらないです。

いつもご指導有難う御座います。
昨日の結果をFAX致します。がんばったのに数値が悪くなり落ち込んでいます。良くなっている期待しかありませんでした。 先生は血圧が高い為に、クレアチニンが下がらない、と言われました。血圧の薬はMAXだそうです。
又、昔年の長い経過がある為、本来なら下がっても良いはずだが、頑固に下がらないですね。と言われました。
食事指導の方には、体重が落ちた事も影響していると言われ、カロリーを増やす食事を提案されました。トレーニングに関しては、やりすぎかなと思ったり、時間が夜しか出来ないので、運動の集中状態かな、と思っています。本人を見ている限りでは、以前より明るくなり、体も調子が良いようです。 それだけに、納得がいかないようです。
クレアチニンだけでなく、他の数値も上がり、ショックだったようです。トレーニングを頼りにしております。何かご指導をお願いしています。

↓↓協会からの返信↓↓

内臓トレーニング協会の坂本です。
返信が遅れて申し訳ありません。検査表を拝見いたしました。体調がいいことは何よりですが、数値が上がっているので原因を考えていきましょう。寒暖差が激しくなっていますので、体が冷えて血圧が上がる方もいますが、首や肩が硬くなっていることで、血圧が高くなっているのかもしれません。数値が上がる原因に薬も関係します。種類が変わったり追加されたものがあれば、医師に相談してみてください。
気持ちが落ち込むと、背中が丸くなってしまいます。 背筋を伸ばして、胸を開き深呼吸をしてリラックスすることを心がけてみましょう。

2011.09.30 糖尿性腎症患者さんより メール

毎日内臓トレーニングに励んで約2年、クレアチニン値は2.5~2.8位であまり変化はないが、とにかく透析だけは避けたいです。

内臓トレーニング協会殿 6回にわたる腎臓病に関する情報をメールいただき有難うございます。
大変参考になりました。小生、現在毎日内臓トレーニングに励んでおります。 約2年になります。毎月蓄尿、採血、尿検査などをして主治医の検診を受けております。クレアチニンの数値は2.5~2.8位であまり変化はありませんが、とにかく透析だけは避けたいので頑張っています。
11月19日の千葉市での健康セミナーを楽しみにしています。とりあえず今回の健康情報の御礼を申し上げます。

2011.09.22 腎臓病患者さんより メール

毎日熱心にトレーニングに励んだおかげか、シャント手術は予定どおり実施でしたが透析はしばらく様子見になりました。

内臓トレーニング協会 山田様 坂本様 栃木の○○です。
少しご無沙汰しております。父は9月14日予定通り入院しました。16日に一時退院し、21日(今日)、あらためてシャント手術にむけて入院しました。透析をあんなに嫌がっていた父も観念し、本日入院したところ・・・ 医師から「シャント手術は予定どおり実施しますが透析はしばらく様子をみましょう」とのこと。
なんと、ここ数ヵ月で一番数値が良い、というのです! 医師は「普通ありえません。 何かされましたか?」と質問してきたそうです。 ○○医科大学の医師で腎臓においては日本屈指の医師が、です。
父は嬉しさのあまり言葉を失ったようす。 すぐに電話があり「考えられるのはトレーニングしかない!他に変わったことは何もしてない!」というのです。確かに、届いた日から数日と、一時退院していた期間は毎日熱心にトレーニングに励んでいました。でも・・・・あまりに早すぎない??ホントかな・・でも良かった!!と大喜びしています。
明日の術後、数日様子をみたらすぐ退院できるとのこと。予定では透析を行い2週間の入院だったのに。「早く帰ってトレーニングしたい!」と父は希望を持ちました。それだけでも購入した甲斐があります。
トレーニングとの出会いがあと1週間遅かったら透析だったと思います。
まだこれから長い道のりだと思いますが、ご指導のほどよろしくお願い致します。
まずは驚きの報告をさせて頂きました。

栃木県 ○○

2011.09.21 腎臓病患者さんよりメール

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

内臓トレーニングを始めて2ヵ月半、クレアチニン値はやや高めになり、主治医よりたんぱく質摂取が少ないので筋力が落ちた結果と言われました。

今日は、内臓トレーニングを6月26日から実施して2ヵ月半になりました。
7月の腎臓内科の受診から2ヶ月になり9月9日検査腎臓内科を今日受診してきました。検査報告書をFAXで送ります。クレアチニンは6月の検査よりやや高め、BUNは低くなっていました。担当医の話では、たんぱく質を少なくおさえたため筋力が落ちてクレアチニンが高くなることがあるとの説明でした。
今年の2月からの検査結果は横ばいなので現状を維持するようにとのことでした。

↓協会からの返信↓

○○様 内臓トレーニング協会の坂本です。
検査表を拝見いたしました。>クレアチニンは6月の検査よりやや高め、BUNは低くなっていました。 >担当医の話では、たんぱく質を少なくおさえたため筋力が落ちてクレアチニンが高くなることがあるとの説明でした。 >今年の2月からの検査結果は横ばいなので現状を維持するようにとのことでした。先生が言われるような状態になっているかどうかをみるための検査数値がTP(総タンパク)とALB(アルブミン)です。過度な筋肉運動になっていないか、内臓トレーニングが強すぎないかを見るのがCK(クレアチニンキナーゼ)です。 腎性の貧血を調べるのが、RBC(赤血球数)とHb(血色素)Ht(ヘマトクリット)です。 尿検査で参考になるのが、尿タンパクと潜血です。
その他に、中性脂肪やコレステロール値、薬の副作用が気になる場合は肝臓の数値もあると自己管理しやすいと思いますので、先生にお願いしてみてください。降圧剤を飲まれている場合は、血圧が下がりすぎていないか確認してください。

2011.09.15 腎硬化症患者さんよりメール

血圧が高いので心配していましたが、クレアチニン値0.98・eGFR59.9%になり、とてもよい結果でした。

内臓トレーニング協会 坂本 浩美様
朝夕はしのぎやすくなりましたが、昼間は厳しい暑さが続いています。静岡は如何でしょうか。

さて、本日5週間振りの国立病院○○医療センターの定期検査に行ってきました。検査結果は添付のとおりですが、クレアチニン値0.98、eGFR59.9%と、とてもよい結果でした。
先日、坂本さんにメールで相談しましたように血圧が高くなり(起床後は殆どが120~129/80~90ですが、就寝前は140前後/90前後と高くなり、時には150近くになることもあり、また昼間もやはり140~140後半になり、腎臓機能に何らかの影響を与え、5週間前の数値より悪くなっているのではないかと心配しながら出かけましたが、吃驚するように良い数値に改善されホッとしているところです。

~中略~

血圧が気になるなら、軽めの薬を出そうかという話も出ましたが、薬はなるだけ含まない方がいいので、次回まで様子を見ることになり、結果として降圧剤はでませんでした。 尿酸値もコレステロールも良い数値でしたが、前回と同じくザイロック錠100mg2錠とゼチーア錠10mg1錠がでました。改善されているが次回(5周後の10月18日)の結果を見ようとなりました。 頭が重いのと血圧が気になりますが、今までで一番良い検査結果となったのは嬉しく、eGFR65%を目標に頑張ろうと思っています。 取り急ぎの報告致ですが、詳細は二~三日中に電話にて報告致します。 まだまだ残暑厳しき折、お身体大切にお励みください。

平成23年9月13日 熊本市 ○○

2011.09.13 メールより

内臓トレーニングを始めて一年以上経ち、2度目のセミナーに参加してきました。

内臓トレーニング協会の坂本様 いつもお世話になります。

内臓トレーニングを始めて一年以上が経ち、今回セミナーには二度目の参加でした。
今回も参加して本当によかったです。いろんな方から、個別にアドバイスが聞けたこと、顔を憶えてくださっていて、体調を聞いてくださったこと、うれしかったです。ありがとうございました。とても励みになりました。望月先生にむくみも見てもらって、むくみの原因がわかり、早速次の日から足首を意識して使うようにしました。いかに足首やふくらはぎを使っていなかったかよくわかりました。動かすと、ボキボキ鳴るし、ちょっと筋肉痛です。
そのあと、内臓トレーニングもちゃんとしました。 今日はむくみがとれてすっきりしていました。これからは、すぐに薬をのむのではなくて、筋肉も使って、トレーニングで治るように頑張りたいと思います。
次の目標は、薬を無くすことです。内臓トレーニングに出会って、努力すれば良い結果が表れることを実感して、生きる目標も出来、これからも病気に負けずに頑張ろうと思います。また、セミナーがあれば励みになるので参加したいです。
これからも、坂本様、協会の方々、宜しくお願いします。
山口の方にもお互い頑張りましょうとお伝えください。

○○

2011.08.29 メールより

トレーニングを始めてから1年過ぎた頃から、クレアチニン3.3→2.6、尿素窒素46.8→32.0、尿酸10.0→8.5、カリュウムも平均値までになりました。

協会の皆様にはお変わりございませんか。
4月の岡山でのセミナーでは大変お世話になりました。久しぶりにお便り出します。トレーニングを始めてから18ヶ月が過ぎました。始める前のクレアチニンの数値が3.3、尿素窒素46.8、尿酸10.0ぐらいあったのが1年過ぎた今年の1月頃からじょじょに下がり始め、現在ではクレアチニン2.6、尿素窒素32.0、尿酸8.5、カリュウムも平均値までになりました。一日にふくらはぎ1時間、足裏1.5時間、脊髄1時間を毎日しております。
心配していた透析もトレーニングのお陰で心配しなくてもよくなってきたようにも思われます。トレーニングを始めてよかったと思っております。これからも地道に頑張っていきたいと思います。
また腎臓に関するメールを送っていただき有難うございます
参考にしながら食事などの制限に気をつけて行きたいと思います。今後ともご指導よろしくお願いします。

2011.08.29 メールより

Cr.は数値的には高いけれど前回より下がり、Bunと尿酸は安定しているので、引き続きトレーニングと食事療法を実践していきます。

お世話になっております。 名古屋○○です。 7月12日以降のトレーニング実践状況と、8月8日(月)に病院で検査がありましたので、その報告をいたします。 今回は、Cr.については数値的には高いものの、前回よりまた下がりました。 とはいえ「6」台では常に不安がつきまとっていますが・・・。 Bunと尿酸の数値の方は安定しており、食事療法もまずまず上手くいっているようです。 今後は、さらにCr.を下げられるよう、気を引き締めてトレーニングと食事療法を実践していこうと思っています。 Cr. 6.1(1/17)→5.9(3/7)→6.2(4/11)→6.2(5/16)→7.0(6/13)→6.7(7/11)→6.5(8/8) Bun 72(1/17)→48(3/7)→33(4/11)→33(5/16)→39(6/13)→31(7/11)→32(8/8) 尿酸 8.4(1/17)→7.1(3/7)→7.0(4/11)→7.0(5/16)→7.5(6/13)→6.4(7/11)→6.5(8/8) 名古屋市 ○○

2011.08.11 メールより

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?