2012.05.02 腎臓病患者さんより

食事のことについてお話します。病院の栄養士さんから、食事の中のタンパク質は1日8グラム、カリウム200ミリグラム、そして塩分は6グラム以内にするよういわれました。それで、私は家の食事では含有量がどのくらいかわからないので、食品取引会社の本の中から、腎臓食を1か月分取り寄せて、週のうち2度くらい、魚と肉を交互にスーパー等で購入しています。このときは、塩分はごく薄味にして食し、栄養士さんのご忠告を忠実に守っています。
 それでも数値が少しずつ高くなってくるので、途方に暮れていたとき内臓トレーニングのことを○○さんから聞き、おぼれるもの藁をもつかむの気持ちで(内臓トレーニングに取り組みました)。
5月1日に血液検査をしたら、クレアチニン、尿素窒素、尿酸がすこしさがっていました。
まだ20日ばかりで、効果が出たのかと驚いています。
そのことを先ず報告します。そして、血液の検査結果と食事のことをファックスします。
坂本様

協会からの返信

内臓トレーニングの坂本です。
FAXを付けていただいたんですね。ありがとうございます。
検査表を拝見いたしました。クレアチニン値が下がってよかったですね。
食事療法の成果で尿素窒素が下がっていますので、少しずつでも下がってくるように調整していきましょう。
尿酸値が少し高めなので、水分をこまめにとって尿量が増えるようにしてみましょう。
カリウムは、野菜や果物に多く含まれます。腎臓病食以外に生野菜や果物を取られているようでしたら、量を調整してみましょう。

血液検査の結果は、○○さんの自己管理の成績表になりますので、今後も経過を見ながら、○○さんにあった方法を作っていきましょう
また、内臓トレーニングの実践や、ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

内臓トレーニングってなに? 健康教室に参加してみよう 腎臓病セミナーを開催しています。
内臓トレーニング通信無料ダウンロード内臓トレーニングDVDプレゼント