7月7日開催 第20回 大阪講演会報告 「むくみ」は腎臓病の宿命

◇第20回 大阪講演会
1 期日  2018年7月7日(土) 13:30~16:30
2 会場 TKPガーデンシティ東梅田

2018.7.7_oosaka

2つのむくみとその症状

 むくみとは、血液中の水分が皮膚と皮下組織に溜まった状態をいいます。むくみは疲労が溜まっているとき発症しやすく、長時間同じ姿勢をとっていたり、運動不足など生活習慣によって発症するものと、心臓、肝臓、腎臓など臓器の疾患によって発症するむくみがあります。
 日常生活の中で発症する一時的なむくみは、皮膚がパンパンに腫れますが、腫れている箇所を押さえると数秒間へこんでもすぐにもとに戻ります。それに対して腎臓など臓器の病気によるむくみは、一度押すとへこんだままでなかなか元に戻りません。

腎臓は体内の水分量を一定に保つ機能を持っている

 真夏の酷暑の中で運動をすると、大量の汗をかいて体内の水分量が大幅に減ります。汗をかけばのどが渇き、排出した水分を補うため、身体は大量の水分を欲します。
このように人間は、水分を排出したらその分を吸収して常に体内の水分量を一定に保とうとします。このような水分の恒常性を保つ機能を持っているのが腎臓です。
体内に取り込んだ水は、いったん細胞外液に入り細胞と情報交換をして過不足を腎臓に伝えます。腎臓は糸球体や尿細管で血液中の水分をコントロールして身体の水分量(体液)を一定に保つ機能を持っています。

腎機能低下によるむくみ

 私たちの身体は60兆個ともいわれる細胞で出来ています。その細胞には常に酸素と栄養を運び、細胞から放出される二酸化炭素と老廃物を回収するために血管が張り巡らされています。
では、血液は栄養や酸素はどのようにして細胞に届けるのでしょうか。
栄養や酸素をアミノ酸や糖、炭水化物に分解し血液中に溶かして運びます。特に酸素は赤血球が、水分は血漿が中心になって血管を通して運びます。
細胞は細胞外液の海の中に浮いており、血液は細胞外液のうちの間質液の中に栄養や酸素を放出し、あとは細胞が自分の力で吸収する仕組みになっています。逆に、老廃物や二酸化炭素も同じく間質液の中に放出するので血液は両者を選択して放出と回収を行っています。
 腎臓の機能が正常に働いていれば、間質液と血液が血管を自由に行き来できるので、身体の水分量(体液)を一定に保つことができます。
むくみとは、血液中の水分が皮膚と皮下組織に溜まった状態といいました。何らかの原因によって、血液中の水分(血漿)が間質液中へ過度に放出されて、皮膚や皮下組織に溜まった状態を言います。

むくみの鍵を握っているアルブミン

 腎臓病患者の血液検査では必ずアルブミンの項目がありますから、なじみのある名前でしょう。アルブミンは肝臓で合成されて腎臓から排出される微小なタンパク質です。
その働きは、
① 水分量を一定に保ち血液を正常に循環させること
② アミノ酸などを目的地に運ぶ運搬作用
があります。
血液中のアルブミンの量が少なくなると、間質液中の水分(細胞外液)を血管内に取り込めなくなります。

 

食事制限とアルブミン不足

 ネフローゼの患者さんをはじめとし腎臓病患者は、病気が進むと尿にアルブミンが漏れ出し血液中のアルブミン量がどうしても少なくなりがちです。
少ないのであれば食事量を増やしアルブミンを補給すればいいのですが、腎臓の機能を保護するためにも、食事療法のタンパク質制限は必要です。ただし、制限しすぎると前記のようにむくみの原因となってしまいます。
腎臓に負担がかかっていないか、栄養不足になっていないかは、血液検査の数値で判断できます。体の状態をご自身で管理することがとても重要になります。

 

むくみの解消には血流を活性化しよう

むくみは血液の流れが滞ることに由来します。むくみの解消には血流の活性化が一番です。
また、血流が良くなれば消化、吸収する力も上がります。アルブミンをはじめ栄養のバランスを考える前に、制限された食事でも栄養を漏れなく吸収できる体になることが大切です。
むくみなどの症状に悩まされず、腎臓病をコントロールするために、自分の体を信じて内臓トレーニングに取り組んでいきましょう。

 

【参加された方の感想】

2018.7.7_oosaka_a01


2018.7.7_oosaka_a06


2018.7.7_oosaka_a08


2018.7.7_oosaka_a09


2018.7.7_oosaka_a11


2018.7.7_oosaka_a13


2018.7.7_oosaka_a14


2018.7.7_oosaka_a15


2018.7.7_oosaka_a17


2018.7.7_oosaka_a02


2018.7.7_oosaka_a03


2018.7.7_oosaka_a04


2018.7.7_oosaka_a05


2018.7.7_oosaka_a07


2018.7.7_oosaka_a10


2018.7.7_oosaka_a12


2018.7.7_oosaka_a16


2018.7.7_oosaka_a18


2018.7.7_oosaka_a19


2018.7.7_oosaka_a20


2018.7.7_oosaka_a21


1.講演会の御礼
とても有意義な講演を聴かせて頂き感謝しております。
【廣岡先生の講演】
 医学会の先生方の一般論を相手にして腎臓病の治療はかくあるべきとよくぞ、はっきりと申されました。
 相当な自信と実績の裏打ちがあるのだろうと感服して聞き入りました。有り難うございました。
【望月講師の講演】
 今まで業務上のプレゼンを聞いたり行ったりしましたが、よくもあれだけの内容をすらすらとお話できるものかと感服致しました。
 名言が幾つかありました、中でも“腎臓が悪いと言っても まだ死んでいない細胞があるよネ・・・・・”これを聞きますと--ああそういうことか--何とかなるんだなと思いました。
 有り難うございました。

 

◆お名前 : 匿名希望
慢性腎臓病でかかりつけの医院に通うも、治らない病気として何の助言もありません。
人間ドックによるクレアチニンの低下をみて、今回の説明会に参加させていただきました。
まずは先生の書籍を読み、内臓トレーニングを実践していくことから始めたいと思います。

 

◆お名前 : 森下 様
7月11日静岡診察受けに行きます。
透析は避けたいので、内臓トレーニングの正しい使い方理解したい。

 

◆お名前 : 匿名希望
今回、参加させて頂いたのは本人ではなく家族でしたが、非常に参考になりました。
血液検査の結果をお医者様任せにせず、自分で読めるようにならなければいけないということは当たり前のようで全くどう読んでいいのか調べる方法すらわからない状態だったということがわかりました。
帰って早速主人に話し、3割弱しか働いていない腎臓について静岡に話を聞きに行こうと思っています。
会場にマシンの見本もあればいいなと思いました。
望月先生のお話もとても興味深く、聞けて良かったと思っています。
ありがとうございました。

 

◆お名前 : 匿名希望
久しぶりのセミナーで、気持ちも新たに、より一層の生活改善をしようと強く思った次第です。本当にありがとうございました。
思い返せば約1年前に器具を購入し、静岡で個別指導をして頂き、それ以降、今日まで、クレアチニン値はほぼ横ばいで推移しており、深く感謝しています。(お医者様は「腎機能低下、進行なし」との診断です。)
それまでの過去3年間は、e-GFR値が毎年平均1ポイントずつ低下しており、暗い気持ちになっていました。
でも、貴協会から、病気は自分で治すというごくごく当たり前のことを教えて頂き、生活改善を図った結果が、今日の私の姿だと思っています。
腎臓病となったおかげで自分の生活を見直し、まだまだ現状を維持できると感じている今は、とても幸せな気持ちです。
血液検査をご連絡し、貴協会から適切なアドバイスを頂き、とっても勇気づけられました。
物販ではなく、患者のために一緒になって病気改善を図るという、貴協会の姿勢に深く感銘しています。今後ともよろしくお願い致します。

 

◆お名前 : 大石 様
今回のトレーニングへ参加して是非とも指導をお願いいたしたくなりました。
3年前も参加しましたが、クレアチニン、尿酸値、尿素窒素も余り心配ないと、医者に指導されましたが、今回のお話をお聞きして、医者の言葉を信頼するより、自分の思考が大切だと思いましたので、静岡でトレーニングを受けることにしました。その節はよろしくお願いいたします。

 

◆お名前 : 匿名希望
食事と血流改善の大切さがよくわかりました。近くにトレセンがあれば行ってみたいです。
低周波治療器の使い方や費用も知りたいです。

 

◆お名前 : 匿名希望
これから取り組むにあたりたいへん参考になりました
いま書籍読んでいますが食事療法が難しい血糖も気になる状態で今後お世話になりそうです

 

◆お名前 : 匿名希望
今回の講習会でクレアチニンを下げるため何をしなければいけないのか、再確認をさせてもらい、勉強になりました。
患者として透析を回避したくて通院しているのに、担当医師は透析までの数値のチェックがメインです。
患者と医師の目的が違うのが最近つくづく思います。
とにかく「自分で」食事療法と内臓トレーニングを一生懸命継続するのが最善だと再確認しました。

 

本日の大阪講演会大変素晴らしく感動致しました。ありがとうございました。
これから娘中心に勉強しながら治療頑張って参ります。
どうかご指導よろしくお願いいたします。

松本

 

内臓トレーニングに入って、1年2か月、クレアチニン値少しずつ良化していましたが、この2か月、1.14 1.21と上昇傾向にあります。
今回の講習、廣岡先生発行の本を読み返して、反省点が多々あることが確認され、今後の頑張りに変えたいと思っています。
(1)今回の講習でアルブミンという単語が入ってきました。
私の通院している開業医の先生は糖尿病を専門としている先生ですので。検査結果のアルブミンという項目がいつも空白になっております。
検査結果、尿検査両方又はどちらかを要求した方がいいですか!

 

◆お名前 : 匿名希望
内臓トレーニングの内容はよく理解できました。
何よりも検査結果の数値の意味と見方が大学病院の腎臓病勉強会の説明ではわかりにくかったのが、スッキリと理解できたのが大きな収穫でした。
確認のために説明に使ったスライドのコピーかデータが欲しいくらいです。
トレーニングが良いのは理解しましたし、やりたいと思ったのですが、1日3時間~4時間といった時間を割くとなると、出張(海外も)など仕事の関係もあり、継続できる自信は全くありません。
もう少し短い時間での取り組みでは効果に疑問もあり、足踏みをしています。
2時間の開催でしたが、充実した時間でした。ありがとうございました。

 

◆お名前 : 匿名希望
糖尿病の専門医で1~2か月に一度。、血液検査をしてもらいながら診てもらっていましたが、今年になって腎臓専門医を紹介する時期にきたとの話も出てきました。
周囲で人工透析をされている方、亡くなられた方を見てきたので、他の医師に話もお聞きしたり、たんぱく質は沢山とっても大丈夫と言われた医師もおられ、何を信じて良いのかわからず、インターネットで時々、何か改善方法はないかと調べていた所、内臓トレーニングの事例を紹介されていたのを拝見し、とにかく何でも試してみようと思い、講演会への申し込みと同時に廣岡先生の出された本、フットスキッパーも購入させて頂き、7月に入ってから説明書を見ながら、自宅や職場でトレーニングを開始してからの講演会参加でした。
なので概略は理解していましたが、講演会に参加する事でなお一層の理解を深める事が出来ました。
何を信じて何をしていくのかは、自分自身が決める事、良い結果が出れば、それは正しい判断であったと振り返れるように内臓トレーニング(血流改善)を継続しようと思います。(仕事の関係でできない時もありますが、)
講演会を開催頂き、ありがとうございました。

 

◆お名前 : 匿名希望
トレーニングは理解できました。透析は医師の指示で入らされると思っていましたが、トレーニング次第で延ばす事もできると確信しました。
低周波の機械なんですが、市販の低周波マッサージ機は1回15分程の使用時間制限なんですが、3~5時間も低周波をあてるのはヘルツが違うのでしょうか?

 

◆お名前 : 匿名希望
「透析への管理」というお医者さんの立ち位置が良く理解できました。
「内臓トレーニング」についてはおよそのことはわかりました。
現状、食事療法の指導を受けていますが、漸次悪化しています。
主治医と相談して対応策を考えていきます。
いずれお世話になるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

 

◆お名前 : 匿名希望
・講演会はとっても有益でした。有り難うございました。
・内臓トレーニングについては、ネットや資料などで見ていましたので、講演内容に全く聞いたことのない点はありませんでした。しかし、強調点がよく分かり、改めて理解できました。
・とくに、講師の方の思い入れ、熱意が伝わって参りまして、感動しました。廣岡先生は西洋医学を修めながら、その欠点を躊躇なく指摘され、望月先生は、機械開発の動機・プロセスを語られるところが感動的でした。
・また、日本の医療費問題を正面から取り上げられ、医療関係者の中にも医療制度・医療報酬制度に国民的観点から考えておられる方がいることを知り、嬉しく思いました。
・私自身は、コレステロール・尿酸・クレアチニン、さらにカリウムが基準値を若干超えていましたが、食事(調理法を含む)と軽い運動の継続によって、現在は薬を全く飲む必要がないと言われていますので、病を治すのは自分である、というお話をその通りだと思いました。
・それで、内臓トレーニング器具は買い求めましたが、まだ、全く使っていません。
・使わない理由はもう1つありまして、私が自分のタブレット(スマホではない)に、器具を接続することに失敗したままだからです。勉強して、いずれ繋いでみようと思います。
・また、お世話になることがあると思います。宜しくお願いいたします。

 

内臓トレーニング協会御中

おはようございます。お世話になります。
講演に参加させて頂き、体の細胞の強さは少しわかってきました。
低周波治療器を毎日頑張ってかけたいと思います。
もちろん食事療法も取り組んでみます。
また、よろしくお願い致します。

 

◆お名前 : 匿名希望
1.静岡で教わった事の復習が出来たようでトレーニングの大事さが改めて分かった様に思います。
2.自分の症状が他の人と比べてどれ位なのか、ちょっと気になっていました。
3.外観だけでの判断ですが、画像で観た中でトレーニングをする前と後では見違えるようになられた方がおられたのにビックリしました。又、透析をした場合の生存率を見て衝撃を受けました。
4.皆さんも一生懸命頑張っておられるのを見て、私も透析をしなくて済むように内臓トレーニング協会のアドバイスを受けながら何としても食事療法と内臓トレーニングで頑張ろうと思いました。

 

お名前 : 下村 様
1.「腎臓病を自分で治す」の本を内臓トレーニング前に購入し熟読し 非常に感激し即に器具を購入しマニュアル通り実践しています。今回の講義で更に理解しましたが、継続は力なり信じていきたい思います。細胞の再生(回復)する事に希望があります
2.定期健診でクレアチニン値等チェック項目は講習通りのものでした。シャンテ手術の工程のみを毎回指摘されますが、一応現状維持に努力する事のみの指摘で、増結の注射や食事療法について家内に強く言いますので困りますが自分自得の結果ですので協会殿の指摘も本当に感謝しています。(家内も食事に悩んでいますので)
3.講習会に参加して同じような人が多かった事にびっくりです。私たちは今は内臓トレーニングしか生きる望みは無い位に療養しているので、今後ともご指導、アドバイスをお願いします。
4.私の場合はシャンテ手術の瀬戸際まで劣化しているので細胞の回復傾向や改善の為に家で透析している気持ちで取り組んでいます。クレアチニン値の変動があると思いますが信じて継続治療に励みたいと思います。
*家内共々感謝申し上げます。本当に内臓トレーニングに巡り合えて運が良かったと思っています。有難うございます。

 

内臓トレーニング協会様

いつもご指導頂きありがとうございます。
腎臓が悪いとわかってすぐトレーニングに出会って幸いだったと思っています。
又、今回説明会に参加出来、今迄のことがよくわかりました。
出来る限りクレアチニンは数値以内におさめること。でもどうして上下するのかわかりませんでしたが、強い運動がダメということ、水分をよくとること、でも汗がよくでる私はそれ以上にとること等、あらためて確認できました。今は3ヵ月迄の血液検査の結果を報告し、そのことについてご指導頂いていますが、それがなければ今迄続いていなかったと思います。今のままで変化なしがよしであると思うこと、納得出来ました。
今後ともよろしくお願い致します。

 

◆お名前 : 向井 様
講演会ありがとうございました、いい勉強させて戴き有難う
遅くなりましたが、昨日FAXしましたのでよろしく