腎臓病治療

内蔵トレーニングを行い、食事は低蛋白米に切り替えてから、浮腫みが取れ、血圧が安定し体調が楽になってきました。

おはようございます。**です。 いつもお世話になっています。 先日より、がんばる米を頂きありがとうございます。 現在までのお米もとてもいいお米でしたが、 今度はタンパク含有量は低いが、値段の安いのが魅力で変えてみました。 まだ前のお米が残っていますので試食はしていません。 体調のほうは、むくみも大分取れて楽になりました。 今は、足もだいぶ軽くなったようです。 なるべく薬には頼りたくないのですが、仕方ないかなーと思い、現在も続けています。 血圧のほうは、最近安定してきたようで、薬は減らしました。 1日が検査の日でしたが、血圧が安定してきたので、次回に検査するとのことでした。 こんどは尿検査のみになります。 今度の検査結果を送信できるのは3月上旬になると思います。 出来次第お送りします。 この前は、血圧が高く続けて2回検査しているので、今回は休もうとのことでした。 先ずは上記報告まで。

2011.02.03 メールより

内蔵トレーニングを行っている効果なのか、クレアチニン値が良くなり、主治医に驚かれました。

今日、病院に検査に行きました。 検査結果はどこも問題なく、「ラジレスの服用を中止しなくてはいけない」と 判断する日でした。 しかし、クレアチニンもラジレスを飲んでいるのに1.76になり、 先生は「こんな結果が出るはずが無い」 「どうしてこんなにクレアチニンが良くなったか不思議でしょうがない。」 と驚くほかありませんでした。 先生は、「嘘でしょう」と言い、「そんな症例があれば僕たちの耳にも入るはず。おかしい。」と言われるので、先生にDVD を見て考えてもらうようDVDを置いてきました。 食事もタンパク・カリウムもすべてOKと感心されました。 ひとつ残念なのは、「顆粒円柱」腎組織が壊れたときの値+1(がでてしまいました)。 「これが改善されればもっと良くなるのに」と言われました。

2011.01.27 メールより

内蔵トレーニングを始めた当時より検査結果や体調・血圧が良くなり、浮腫みが取れました。低蛋白米はおいしく食べやすかったです。

おはようございます。***です。 先日はご依頼いたしておりました、がんばる米、通電ジェルの ご手配ありがとうございました。 早速試食いたしました。とてもおいしくて食べ易いご飯で満足しております。 先週の残りの体験日誌ができましたので、添付しました。 昨日が、今年最後の受診日でした。 お陰さまで血圧も最近だいぶよくなったようです。 血液検査の結果も、3月末のトレーニングを始めた当時より大分良くなり、喜んでいます。 厚く感謝いたします。 むくみも大分取れ、体調も相変わらず良好です。 今年最後のメールとなりますが、いろいろお世話になりなした。 坂本様も風邪などひかれないよう、自愛のほどお祈りいたします。

2010.12.22 メールより

日々の内蔵トレーニングや低蛋白米の摂取により、クレアチニンは6.8→6.6、BUNは57→42になり、主治医も驚いていました。

こんにちは、何時もお世話になります。
大分寒くなって来ました。いかがお過ごしでしょうか。私の方は、体調もよく元気で過ごしております。お蔭様で、単身赴任生活も1年を過ぎようとしております。大分、精神的に落ち着いて来た今日この頃です。
さて、昨日血液検査の為、病院へ行きました。 10月30日に採血した検査結果が出ておりました。
①クレアチニンは6.6と、前回よりも0.2改善しておりました。
②BUNは42となり、前回の57、前前回の48を大幅に下回り改善をされました。
先生からは「何をしているか?」と、詳しく聞かれました。とりあえず、ユメご飯に変更した事を伝えております。 何はともあれ、検査結果がよくなり、先生も非常に喜んで下さってます。
江口様には、本当にいろいろご指導いただき、ありがとうございます。
今後も精進し、がんばって行きたいと思っております。 又、次回結果が出ましたらお知らせをします。
今後とも、御指導よろしくお願いいたします。

2010.12.05 メールより

協会からの返信

****様
こんにちは、内臓トレーニング協会の江口です。 メール拝見いたしました。
いつもお気遣いありがとうございます。 静岡はとても12月とは思えないような暖かさだったり、 急に冷え込んだりと異常な気候が続きますが、幸いスタッフ一同大きな病気も無く元気に過ごしております。 BUNが大きく改善されましたね。 食事療法をしっかり実践され、日々のトレーニングも頑張っておられるという印象を受けました。 これから年末に向けて、外食や宴席の機会が増えるかとは思いますが、楽しみつつも 3~5割は残すということを心掛けていきましょう また、お体の様子をお聞かせください。

内臓トレーニング協会  江口より

内蔵トレーニング通信の体験談が励みになり、少しでもトレーニング時間を作ろうと頑張れます。

ご無沙汰しております。
2ヵ月ぶりの報告となります。この2ヵ月は母の脊柱管狭窄症が悪化したため、仕事と家事で疲れきっていました。あまりの疲労に辛くて辛くてデータが悪くなったのではないかと思っていましたが、7月クレアチニン1.39→8月1.56→9月1.54と以前、変わらない範囲でした。蛋白尿は今回少し減っていました。疲れ方も最近は楽になってきたように思います。
今回の内臓トレーニング通信にMさんがVol13で紹介されたとありました。私はVol14より送っていただけますので、もし在庫がありましたらVol13を送って頂けないでしょうか。 今回の体験談が本当に励みになり少しでも時間を作って(睡眠時間が減ってもいるのですが)フットスキッパーをしています。来月の採血に向かってまた頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

2010.10.07 手紙より

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊

クレアチニンは8.5→7.9→6.5と2週間ごとに、血圧も下がってきて、数値を励みにさらに内蔵トレーニングを頑張っています。

経過報告を、と思いながら遅くなってしまい申し訳ございません。血圧の数値が下がってきて、嬉しい限りです。平均20は下がっています。またクレアチニンも8.5>7.9>6.5と2週間ごとに下がっていて、本人の希望もありますが、透析は勧められても断っています。 数値に出て励みになるようで、本人も頑張って通電しています。
大阪のセミナーも予約いたしました。○○も心待ちにしえいます。 よろしくお願いいたします。

2010.09.16 メールより

低タンパクの食事療法は、目分量で食事の量を減らすだけでしたが、摂取タンパク質量を把握するために計りを買おうと思っています。

こんにちは。
もうお盆休みも週末になりましたね。
ふと思い出したのですが、低タンパクのご飯の事ですが(LGCソフト)うちは女性用の小さな茶碗にちょこと盛り付けて一杯しか食べません。おかわりもしません。一杯で十分だからです。多分うちの予想ですが100gもないと思います。今度計りを買おうかなと思っています。予想で食べていますから。たいていは、おかずを主にして食べています。ただし、ちょっぴっとですよ。 たくさんは食べません。 量を少なめにしています。主人の分は普通に作りますが自分は主人の半分にして量を少なめにして作っています。肉も少なめ。小さく切って少なめにしています。ご飯はそんなにたくさん食べませんね。外食ではご飯をちょびちょびしか食べないし全部は食べません。必ず残していますね。半分以上残すか、少なめにしてもらってなるべく残すようにしています。ほとんどおかずを優先して食べていますね。おかずも塩分少なそうなのを選ぶ。そして量も少なめ。定食で量が多いなぁと思ったら思いきり残しますねぇ。
たれがかかってないおかずを選んで食べたり、塩分が少なそうだなと考えて食べたりしています。塩サケとか塩付けのある食品は避けています。お弁当もご飯をちょこっと食べて終わり。おかずをちょこっと食べてほとんど残していますね。 ほんの少しだけ塩分を取りますが気をつけています。
元々、薄味好みなのですが、なるべくおかずも少なめにして考えながら気をつけて食べています。全部は食べないで残したり、ご飯も半分以上残したりしています。 うどんも汁はちょっとだけ飲みますがほんの一口程度で汁はほとんど残していますね。塩分少なめのマヨネーズ、ソース、しょうゆ、中華スープなど・・・ たんぱくをカットしたかつおぶしだしとか・・・。
ネットで見つけて注文しています。
薄味ですがそんなにまずくないなぁと思っています。けっこうおいしく頂いています。パンは毎日トーストで全部食べていましたけど、なんだか気になって最近は全部食べないでトースト半分にするなど、考えて食べてますね。ロールパン1個だけ食べたり、もしくは半分。クロワッサンを半分食べたり。パンの中に甘い物が入っているパンは好きじゃないんです。 何も入ってない普通のパンがいいですね。 フランスパンも好きですけど、カットして小さくして、軽く焼いて食べてます。
毎日ではありませんが時々です。
食事は神経使いますねぇ。 あれこれ考えながら気をつけながら食べていますけどね。楽しいとは思えませんけど。 お腹すくからしかたがなく食べています。

↓↓協会からの返信↓↓

こんにちは。 内臓トレーニング協会の坂本です。
食事療法は本当に皆さん苦労されています。 今度、はかりを購入されるということなので、1日分の食事のたんぱく質を計算してみることは○○さんにあった食事療法を作っていくうえで必要だと思います。 たんぱく質を節制しすぎると、自分のたんぱく質を使ってしまうのでかえって尿素窒素が上がるケースもあります。 食事メニューがわかれば、こちらでも検討できますのでいつもご活用ください。

2010.08.14 メールより

一日の水分は1000ml、塩分5gを医者から指示され、入所しているグループホームで実施してもらっていますが、続けるのが難しいようです。

退職後、一日の水分は1000ml、塩分、5gを医者から指示され、ホームはこれを厳格に守っています。
ときおり、水を飲みたがる母とバトルを繰り返しているようです。
本日、ホームから電話あり、「マッサージをしてみたが使用後母が以上に水をほしがるので、これ以上マッサージを続けるのは、どうかと思う」と電話がありました。 私はマッサージ後、利尿効果が上がるのは当然だから、水を与えてください。と話しましたが、先方は納得していないようです。これ以上続けると1日1000Lの水の管理が難しくなる(たぶん○○を度々させるのが、面倒なのだと思います。) と報告してきました。どのように説明をしたらよいでしょうか。私の個人的な気持ちとしては、心不全で緊急入院となった原因として、グループホームの責任は大きいと思っています。 提携病院は、毎日の健康診断で、慢性腎不全の可能性を分かっていながら何の処置もしなかった。 また、ホーム側も腎臓が悪いらしいとの報告のみで、詳しいデータや内容を報告してきていませんでした。
しかし、退院後、再びの入所を嫌がるホーム側を提携病院が押し切って、しぶしぶ入所を受け入れさせた拝見もあり、また現実面倒をみてもらっていることもあり、あまりホーム側に強く細々と要求がだしにくいのが現状です。
水分に関してなにか具体的なアドバイスをお願いします。
一日1000Lを夏の間も越えてもいけないのでしょうか。

2010.08.04 メールより

内蔵トレーニングと食事療法を行い、体調は良好で、検査結果も良かったです。

おはよう御座います。いつもお世話になっています。
本日昨日の内科受診の尿検査結果が出来ましたので体験日誌と一緒に添えつけファイルで送信します。
又たんぱく0になっていてフットトレーニングの効果が出ていて嬉しくなりました。血液検査の結果は20日火曜日、次の受診日に貰いますので出来次第送信予定です。

体調は良好です。 食事療法はごはんは、ゆめごはん続けています。おかずは適当に気をつけて悪いものはなるべく避けるよう心がけています。 たんぱく、カリウムなどご飯の方で大分補って居るようですのでその内に検査結果にも出ることと、楽しみにしています。

2010.07.07 メールより

むくみがひどく、体重が増加し検査数値が跳ね上がり入院、通電トレーニングができない分、病院食で食事療法を行いたいと思います。

内臓トレーニング協会 望月様 こんにちは○○です。
大変お世話になっております。 過日の健康セミナーでは有意義なお話と個人的にご相談頂き本当に有難うございました。 沖縄からの参加者には驚きました。

4月18日頃からむくみが強くなり、つれて体重も50.5kg(3月平均)から4月22日に53.0kgに増加一方4月21日の検査ではCREが跳ね上がりALBは下げ止まらず、血液関連の指数もかんばしくない結果となりました。丁度嵐の真っ只中の感じでここは一旦鎮静化をした方が良いかと思い入院を決断しました。 食事にも一抹の不安があり病院食で調整をとってみようという思いもあります。その食事の件でご提案頂きました。食品別摂取量10日間(4/18~4/27)分を添付しましたのでよろしくお願い致します。 近況:4/22をピークにむくみ、体重(51.2kg)共に下がってきています。 自然治癒力に力が出てきたかなと感じている時に通電を一時中断するのは残念ですが諸指数が改善された状態で再開すればより効果大ではと思ってます。その上に食事療法を徹底したいと考えていますので厳しいご意見を賜れば幸いです。 4/21の検査データをFAXにてお送りしておきます。
しばらく交信が出来ませんが今後ともご指導のほど宜しくお願い申しあげます。

2010.04.28 メールより

健康セミナーを詳しくみるセミナー参加者の声を聞く
健康教室の内容を確認する健康教室参加者の声を聞く
腎臓を自分でなおすシリーズ全2冊
腎臓病をなおす 内臓トレーニングってなに?