内臓トレーニングと食事療法の二刀流で頑張って数値が改善されてきています。

内臓トレーニング協会 池下様
いつもお世話になっております。 前回、御社を訪れ(5月13日)、内臓トレーニングの研修を受けての第1回目(7月23日)となる血液検査報告をさせていただきましたが、その結果のクレアチニン数値は2.02(初回2.16)と今まで悪化の方向にスライドしていたのが、逆に数値が改善されてきて内臓トレーニングの効果に勇気と力を与えて頂きました。 誠に有り難うございました。 その後、今回9月22日に2ヶ月後の血液検査を行い、その結果1.93と目標である2.0を切る事が出来ました。 さらにどこまで改善が図れるかを楽しみにしながら、トレーニングと食事療法の二刀流で頑張ってまいります。 これからも定期報告をさせていただきますので、適切なアドバイス等ありましたら御指導よろしく御願い致します。 今回の血液検査結果データを添付しておきます。

2014.09.27 慢性腎不全患者さんより メール

内臓トレーニングってなに? 健康教室に参加してみよう 腎臓病セミナーを開催しています。
内臓トレーニング通信無料ダウンロード内臓トレーニングDVDプレゼント

この記事の監修

静岡トレーニングクリニック院長 医学博士 廣岡 孝
静岡トレーニングクリニック院長
医学博士 廣岡 孝

平成22年4月〜 静岡トレーニングクリニック 院長
平成7年11月  ワシントン大学(セントルイス)医学部研究員
平成2年3月  名古屋大学 医学部 卒業

内臓トレーニングは、ふくらはぎの筋肉運動で血液とリンパの流れを良くし、自律神経のバランスを整え、自然治癒力をつける方法として医学の理にかなった健康法といえます。

所属学会
日本腎臓学会、日本透析医学会、日本東洋医学会、アメリカ内分泌学会他

内臓トレーニングは、特許を取得しています。