日々の内蔵トレーニングや低蛋白米の摂取により、クレアチニンは6.8→6.6、BUNは57→42になり、主治医も驚いていました。

こんにちは、何時もお世話になります。
大分寒くなって来ました。いかがお過ごしでしょうか。私の方は、体調もよく元気で過ごしております。お蔭様で、単身赴任生活も1年を過ぎようとしております。大分、精神的に落ち着いて来た今日この頃です。
さて、昨日血液検査の為、病院へ行きました。 10月30日に採血した検査結果が出ておりました。
①クレアチニンは6.6と、前回よりも0.2改善しておりました。
②BUNは42となり、前回の57、前前回の48を大幅に下回り改善をされました。
先生からは「何をしているか?」と、詳しく聞かれました。とりあえず、ユメご飯に変更した事を伝えております。 何はともあれ、検査結果がよくなり、先生も非常に喜んで下さってます。
江口様には、本当にいろいろご指導いただき、ありがとうございます。
今後も精進し、がんばって行きたいと思っております。 又、次回結果が出ましたらお知らせをします。
今後とも、御指導よろしくお願いいたします。

2010.12.05 メールより

協会からの返信

****様
こんにちは、内臓トレーニング協会の江口です。 メール拝見いたしました。
いつもお気遣いありがとうございます。 静岡はとても12月とは思えないような暖かさだったり、 急に冷え込んだりと異常な気候が続きますが、幸いスタッフ一同大きな病気も無く元気に過ごしております。 BUNが大きく改善されましたね。 食事療法をしっかり実践され、日々のトレーニングも頑張っておられるという印象を受けました。 これから年末に向けて、外食や宴席の機会が増えるかとは思いますが、楽しみつつも 3~5割は残すということを心掛けていきましょう また、お体の様子をお聞かせください。

内臓トレーニング協会  江口より

内臓トレーニングってなに? 健康教室に参加してみよう 腎臓病セミナーを開催しています。
内臓トレーニング通信無料ダウンロード内臓トレーニングDVDプレゼント